芸能

天才テリー伊藤対談「小柳ルミ子」(3)男性に尽くすことに幸せを感じます

テリー 今日もしっかり短いスカートで来てくれたよね。ホント、脚も相変わらずキレイだなァ。

小柳 フフフ、ありがとうございます。

テリー こんなきれいなルミ子さんを支えてくれる男性は今、いないの?

小柳 いないです──というか、もういらないです。

テリー だって離婚したあとも恋愛くらいはあったわけでしょう。何人ぐらいの彼氏がいたの。

小柳 いえいえ、そんなにいなかったですから。

テリー 「そんなに」ということは、3~4人というところだな。

小柳 うまいですねぇ、テリーさん(苦笑)。まぁ、そんな感じです。

テリー ズバリ、ルミ子さんは惚れやすいタイプ?

小柳 う~ん、結婚した時は初対面でピッときたんですけれど‥‥恋愛に関してはあんまり自己分析ができないんですよ、私。

テリー ダメじゃん! アサ芸はこういうところが大事なんだから、じっくり聞いちゃうよ(笑)。じゃあ恋愛している時のルミ子さんはどうなるの。

小柳 きっと私は、芸能人みたいな表に出る仕事よりも、専業主婦のほうが向いているんだろうなと思うんです。家事全般が好きですし、とにかく相手に尽くすことに幸せを感じるんですよ。そこに見返りも求めないですし。

テリー えー、それって完璧で最高の女性じゃないの。ちなみに夜のほうも?

小柳 アハハハハ、そんなこと聞くんですか? アサヒ芸能ってすごいですね。

テリー 笑ってごまかしたってダメだよ。うちの読者はみんな、「瀬戸の花嫁」の夜の光景が知りたいんだから。

小柳 そうですね‥‥おつきあいした男性みんなが、「瀬戸の花嫁」を楚々として歌っている人が、こんなに豹変するところが実にたまらない、みたいなことを言っていましたけど(笑)。

テリー 満点の答えです!さすが小柳ルミ子はサービス精神がありますね。そんな最高の夜を過ごしている2人が、なんで別れちゃうことになるんですか。

小柳 カッコつけているように思われるから嫌なんですけれど、基本、だいたい私のほうから嫌いになるんですよ。やっぱり理想が高いんだと思います。

テリー あ、それは男がいちばん困るやつだよ。つきあってから「私が考えていた男と違っていた」って思うんでしょう。こっちは最初から、そういう男なのに。

小柳 いえ、男性はいくつになっても少年ですから、そう思ってつきあっているんですよ。相手が年上だろうが年下だろうが、職種が何であれ、つきあう時は「尊敬の念」というのが私にとっては重要なんです。でも、その人物像の底がだんだん見えてくると飽きてきちゃって、私のほうから距離を置いちゃうんです。

テリー 男を尊敬なんかしないほうがいいよ。

小柳 そうですかねぇ、今は価値観も変わったと思いますけれど、もう恋愛も結婚も離婚も本当に悔いなくやってきたから、もういいんです。

テリー 悔いがないってことは、結果はどうであれ、一生懸命だったし、満足しているということか。

小柳 私の恋愛歴でひとつだけ自慢できるのは、別れた彼らと今でも仲よくしていることなんですよ。今でも時々お会いして食事なんかもしていますし。

テリー じゃあ、新しい恋はもう期待できない?

小柳 もう人生67年ですから、なかなかそういう気持ちにはなりませんよね。とはいえ、断言はできませんけれど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」