芸能

地味「紅白」が拍車をかける?NHKが怯える視聴者離れ加速の危機

 NHKの前田晃伸会長の定例会見が6月11日、同局で行われた。年末の紅白歌合戦が実施できるかどうかについて聞かれた会長は、放送については前向きな姿勢を明かしたものの、新型コロナウイルス感染拡大によって「かなり深刻な状況」になっていることを訴えている。

「本来であれば、夏に東京五輪が開催され、競技で活躍した選手らが特別審査員を務め、年末で活動休止を宣言した嵐が白組司会の他、大トリで出場。華々しくフィナーレを飾るという青写真でした。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、国民生活は激変。東京五輪は延期、企業の倒産、正社員、非正規労働者の解雇、巣ごもりによる未曽有の不況に突入した。例年のような大仕掛けな演出やお祭り騒ぎ企画はなくなり、3密を避けるため出場組数を減らしたり、事前収録、リモート出演に切り替えるなどの措置が取られるはず。東京・渋谷のNHKホールでの抽選入場したNHK受信契約者からなる観客を集めての生放送は、不可能かもしれません」(テレビ雑誌記者)

 会長は「年末はどんな状況になっているかは分かりませんので、例年通りとはいかないと思います」と言葉を選びながら、「今年も紅白をお届けできるように準備をしていきたい」と実施については前向きに考えていることを明かした。

 NHKといえば、国民からの放送受信料によって経営が成り立っている。高すぎる受信料については長年不満が噴出していたが、今年1月の会長就任時の会見で、受信料値下げについて「下げればいいということではない」と突っぱね、今もその姿勢は変わらない。

「11日の会見で驚かされたのは、今年度第1期受信料契約総数が8万5000件、衛星契約が2万8000件激減したこと。これまでに例を見ない落ち込みようで、コロナ禍で営業ができなかったこと、ホテルなど多数の事業者が契約解除したことが原因とされます。緊急事態宣言発令中、テレビ番組は収録不可能となり、再放送や総集編、リモート放送に移行せざるを得ない状況になりました。そんななか、テレビ視聴に背を向けた人々がスマホでのネット閲覧やYouTube視聴に流れたことも大きい。漫然とテレビをつけているだけのながら視聴者は、先細り必至の状況と言えます」(芸能ライター)

 前田会長は「受信料の徴収がこのまま伸びることはなく、むしろ下がると見ている。コストを見直し、番組などの作り方の意識改革が必要」と会見で危機感を前面に押し出していた。テレビ不要を選択した国民の気持ちをひっくり返すことができるか。年末の紅白がその試金石になるかもしれない。(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ