スポーツ

長嶋茂雄、「脚に自信ナシ」デーブ大久保を安心させた「プラス思考」激励!

 読売ジャイアンツの終身名誉監督であり、ミスタージャイアンツ・チョーさん等の愛称で親しまれている長嶋茂雄氏。長嶋氏と言えば、選手としての名声もさることながら、日本語と英語が不自然に混じった「失敗は成功のマザー」といった“ミスターイングリッシュ”も有名だ。

 またおっちょこちょいというか思い込みが激しいというか、練習のバッティングでイメージ通りに振れたことから試合を忘れて風呂に入るといった爆笑エピソードも数多く知られている。

 そんなミスターとの思いでを、元プロ野球選手の大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、6月6日投稿回〈【長嶋監督との爆笑裏話】デーブ大久保YouTubeはじめました!〉で語っている。

 1992年途中に西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍した大久保氏。翌年から長嶋政権がスタートし、「スピード&チャージ」が当時のスローガンに掲げられたが、大久保氏は足に自信がなく「オレ終わったな…」と落胆したという。

 しかし、大久保氏を「ぶーちゃんぶーちゃん」と可愛がっていた長嶋氏は「ぶーちゃんはぶーちゃんでな、お前の全力でやればいいんだ。それがスピード&チャージだ、安心しろ。盗塁を求めてんじゃないんだぞ」と励まし安心させてくれたと大久保氏は振り返った。

 また、長嶋氏のバッティングにあこがれていた大久保氏は、バッティングの指導を受けようと一度長嶋氏の元に訪れたが、長嶋氏はバットを数回振り、「どうだ、ぶーちゃん、オレのスイングはいいだろう、お疲れさん」と指導することなく終わったと笑いを交えて語り、引退後に起ち上げた社名〈デーブカンパニー〉は長嶋監督が名付け親だったといった意外な事実も明かしたのだった。

 長嶋ネタは尽きないようで、「まだまだある」と語る大久保氏。オモシロエピソードももちろんだが、先の大久保氏を励ました〈スピード&チャージ〉のくだりは興味深い。プラス思考で何事も前向きに捉えるところが長嶋氏の真骨頂であり、魅力の1つでもあるのだろう。そうしたエピソードの公開にも期待したいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
5
多部未華子、共演多数の三浦春馬さん死去にコメントを出さない「理由」