スポーツ

デーブ大久保が語る“平成の大エース”斎藤雅樹が200勝できなかった理由

“平成の大エース”と言えば、読売ジャイアンツの斎藤雅樹を思い浮かべる人も多いだろう。1989年・90年、2年連続20勝の最多勝に輝き、最多勝計5回、最優秀防御率3回、最多奪三振1回、沢村栄治賞にも3回輝くなど、まさしく球界のエースだった。しかし、18年間の現役生活の中で勝ち数は180にとどまっており、意外にも名球会入りは果たしていない。

 そんな斎藤とバッテリーを組んだ経験のある大久保博元が、YouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で、7月1日に「【最強のエースは誰だ!?】ベストナイン投手編!デーブ現役時代のナンバーワンピッチャーを発表」を投稿。斎藤が200勝達成できなかった原因を明かしている。

 同回は、大久保が現役時代に最強だと思われるピッチャーは誰かを論じる内容だったが、迷う様子もなく斎藤を一番と推した。大久保は1992年途中に西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍、95年までマスクをかぶっている。大久保が現役を退く事になったこの年、2年ぶりの開幕戦捕手として出場し斎藤の2年連続開幕戦完封勝利に貢献もしている。

 その大久保は斎藤の球を受けていて、「誰もこの人を打てないだろう」と感じていたそうで、ストレート、大きく曲がるカーブ、小さなカーブ、スライダーの少ない球種で勝ち星をあげていった稀有なピッチャーだったと評した。そんな斎藤に「本当は楽に200勝していい人」と大久保。しかし、チームのために酷使してくれるピッチャーであったと語っている通り、完投が期待された斎藤は最多勝にも輝いた89年に11試合連続完投勝利といった日本記録を樹立したものの、それゆえに肩を壊してしまい、いまだにキャッチボールすらできないのだという。

 名球会入りは名誉なことだろうが、斎藤がマウンドに立った時の安心感や、1試合を通して渾身の力を込めて投げ切る斎藤の姿は今もファンの記憶に焼き付いている。2年連続で20勝あげた投手がその後現れていないことからも、いかに斎藤が偉大であったかをあらためて思い知る良回であった。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
「まき餌ですよ」小島瑠璃子の熱愛報道への大久保佳代子の分析に同意者続出!
3
三谷紬がかける“渓谷全出し”の大勝負/女子アナバスト勢力図(終)テレ朝
4
ギリギリすぎた?小嶋陽菜、「バストの奥見えすぎ事故」にヒカキンが紳士的対応!
5
板野友美、「よつんばい小ぶりヒップ全開」動画は“新たな相手”探しのアピール!?