芸能

矢田亜希子、“20年前の美貌”写真に「あの事件がなければ…」の残念声

 7月6日と13日に2週にわたって放送された松嶋菜々子が主演のドラマ「やまとなでしこ 20周年特別編」(フジテレビ系)が、それぞれ9.7%、10.9%と再放送としては高視聴率を記録。その人気ぶりを再現する格好となった。

「00年放送時でも平均26.4%、最高視聴率となった最終話は34.2%と、フジで以降に放送された恋愛ドラマの中でもトップの数字を誇ります。今回、ネット上では《懐かしい!》《松嶋がきれいすぎる》《今の恋愛ドラマよりよっぽどおもしろい》など絶賛する声が相次いでいましたね」(テレビ誌ライター)

 そんな中、出演者の一人である須藤理彩が13日、同じく出演していた矢田亜希子との当時のオフショットを披露。その矢田についても〈めちゃくちゃ可愛いなあ〉〈これは惚れる〉といった声や〈今もぜんぜん変わらず若いよね〉などといった意見も上がっていたのだが、一方で見られたのが〈あの件がなければ矢田はもっと売れていただろう〉〈ホントにあの事件が無ければな。実にもったいない〉といった指摘だった。

 あの件とはもちろん、「やまとなでしこ」にも出演し、その6年後に矢田と結婚、09年に法律違反の薬物を巡る容疑で逮捕された元夫の押尾学氏が引き起こした事件だ。

「当時、もともとヤンチャなイメージだった押尾と一緒になった時点で清純派として売っていた矢田の仕事は激減していましたが、結婚、出産から約3年後、ようやくドラマ復帰をした直後に騒動が起きてしまった。直後に押尾とは離婚。約1年のブランク後に再び女優復帰していますが、主演級の役を得ることはないまま現在に至ります。確かに、彼に振り回された3年間がなければ、矢田の女優人生は変わっていたかもしれませんね」(芸能記者)

 しかし、今も美貌を保ち地道に芸能活動を続けているあたりは、たくましい限りだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意