芸能

矢田亜希子、“20年前の美貌”写真に「あの事件がなければ…」の残念声

 7月6日と13日に2週にわたって放送された松嶋菜々子が主演のドラマ「やまとなでしこ 20周年特別編」(フジテレビ系)が、それぞれ9.7%、10.9%と再放送としては高視聴率を記録。その人気ぶりを再現する格好となった。

「00年放送時でも平均26.4%、最高視聴率となった最終話は34.2%と、フジで以降に放送された恋愛ドラマの中でもトップの数字を誇ります。今回、ネット上では《懐かしい!》《松嶋がきれいすぎる》《今の恋愛ドラマよりよっぽどおもしろい》など絶賛する声が相次いでいましたね」(テレビ誌ライター)

 そんな中、出演者の一人である須藤理彩が13日、同じく出演していた矢田亜希子との当時のオフショットを披露。その矢田についても〈めちゃくちゃ可愛いなあ〉〈これは惚れる〉といった声や〈今もぜんぜん変わらず若いよね〉などといった意見も上がっていたのだが、一方で見られたのが〈あの件がなければ矢田はもっと売れていただろう〉〈ホントにあの事件が無ければな。実にもったいない〉といった指摘だった。

 あの件とはもちろん、「やまとなでしこ」にも出演し、その6年後に矢田と結婚、09年に法律違反の薬物を巡る容疑で逮捕された元夫の押尾学氏が引き起こした事件だ。

「当時、もともとヤンチャなイメージだった押尾と一緒になった時点で清純派として売っていた矢田の仕事は激減していましたが、結婚、出産から約3年後、ようやくドラマ復帰をした直後に騒動が起きてしまった。直後に押尾とは離婚。約1年のブランク後に再び女優復帰していますが、主演級の役を得ることはないまま現在に至ります。確かに、彼に振り回された3年間がなければ、矢田の女優人生は変わっていたかもしれませんね」(芸能記者)

 しかし、今も美貌を保ち地道に芸能活動を続けているあたりは、たくましい限りだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美