女子アナ

とんでもないハリ感!鷲見玲奈、「D胸に縮小疑惑」からの「V字回復」がスゴイッ

 女子アナ史上最高クラスのGカップで多くのファンを獲得してきた鷲見玲奈。4月からフリーに転身したが、その直後はコロナ禍の影響で出番は限られていた。その間に、胸が小さくなってしまったのか?と指摘されていたこともあった。

「鷲見はバストサイズの上下動が激しいタイプで、これまで何度か胸の縮小、回復が報じられています。今回も小さくなったとしても不思議はありません。今年に入った頃から小さくなったのではないかとの声が上がるようになりました」(女子アナ評論家)

 中でも「バスト縮小」の決定的証拠とされたのが、インスタグラムで6月2日に公開された写真だった。鷲見がスタッフからもらったTシャツを着ているショットだ。それはイギリスのサッカークラブのTシャツ。色はネイビーでサイズは少し小さめ。体にぴったりとフィットしている。そのため胸の大きさがよくわかるのだが、以前の鷲見とは比べものにならないほど小さく見えたのだ。

「彼女は本来、Gカップなはずです。ところが写真だとEカップ程度にしか見えません。いや、もっと下、Dカップと言われても納得のサイズです。縮小の原因はやはり一連の不貞疑惑とフリー転身のストレスでしょうか。早く元気になって以前のバストを取り戻してほしいですね」(前出・女子アナ評論家)

 18年にバスト縮小疑惑が持ち上がった時は、鷲見がわざわざツイッターで完全否定していたものだが…。 ところが、そんな心配は無用だったようだ。6月30日になって「爆裂バスト写真」をインスタグラムで公開し、ファンを安堵させているのだ。

 豊かな胸の写真が投稿されたのは6月30日。学生時代からの友人だというフリーアナの森遥香とランチしたそうで、その時の写真が公開された。

「鷲見は縦じまの入ったノースリーブのシャツを着ています。胸の部分を見ると、以前と変わらないボリュームがありますね。縦じまが胸のふくらみでゆがんでいるんですよ(笑)。とんでもないハリ感です」(週刊誌記者)

 その後もボヨヨンバストの写真を次々と公開。7月1日には週刊文春のグラビアのオフショットを公開した。

「ここでも鷲見は似た感じの縦じまのノースリーブシャツを着ています。やはり縦じまがゆがむぐらい胸がふくらんでいる。かつて小さく見えたのは服装のせいではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 この間、バラエティ番組への出演も増えてきており、ストレスからも解放されたのだろうか。いずれにしても「V字回復したGカップの躍動」にますます期待が集まりそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋