スポーツ

秋山幸二、あの「バク宙ホームイン」誕生秘話を明かしていた!

 福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)で監督と選手の経験があり、また西武ライオンズにも選手として籍を置いていた秋山幸二氏。秋山氏と言えば西武ライオンズ時代、1986年の日本シリーズでは唯一となる第8戦で披露した「バック宙ホームイン」が印象深い。

 これほどに派手で優雅なパフォーマンスは秋山氏の前にも後にも存在しないが、なぜこの〈バク宙ホームイン〉は生まれたのか…。その誕生秘話を秋山氏が明かす「番組」があった。

 お笑いタレント、ローカルタレントのコンバット満のYouTubeチャンネル〈コンバット満チャンネル〉、7月1日投稿〈元ホークス監督・秋山幸二さんと野球トーク#2〉での事だ。

 85年、86年と連続して日本シリーズに進出した当時、常勝球団の西武ライオンズ。85年の阪神タイガース戦では2勝4敗で苦杯を嘗め、86年の広島カープ戦ではなんとしても日本一をと意気込んだシリーズであったが、3敗1分けと瞬く間に劣勢を強いられた西武ライオンズ。

 当時現役投手だった東尾修氏が「遊び感覚で伸び伸びやろう」と、前向きの発言をすると、そこからまさかの3連勝。しかし、それまで明るかったベンチの雰囲気がイーブンに戻した事でふたたび日本一のプレッシャーがかかり、緊張から静かになったと秋山氏は振り返った。もともと身体能力の高い秋山氏はふだんからチーム内ではバク宙を披露していたそうだが、もしホームランを打ってバク宙したら盛り上がるかな…そう考え、実際にホームランを放ち、「バク宙ホームイン」を世間に初披露、見事日本一に輝いた過去を明かしたのだった。

 ホームランのたびに披露していたかに思える秋山氏の〈バク宙ホームイン〉だが、現役時代、日本シリーズでの4回を含む計5回のみである。当時はプロ野球ニュースや「珍プレー好プレー」といったテレビ番組で繰り返し放送されていた背景から我々の記憶に焼き付いているのだろう。

 それにしても、秋山氏に続くパフォーマンスの達人は今後プロ野球界に現れないだろうか?コロナ禍で暗くなっている昨今、秋山氏のような斬新かつ派手なパフォーマンスにも期待してしまう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”