芸能

戦後75年を彩った「あのいい女」は今!<おニャン子クラブ>タバコ解雇の友田麻美子はバッグデザイナーに

 アイドルの勢力図を変えたと言われる「おニャン子クラブ」は、誕生から35年になる。50人を超えるメンバーで、印象に残った顔ぶれを追跡してみたい。

 おニャン子を生んだ番組「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)が始まったのは85年4月1日である。現役女子高生を中心に、放課後のクラブ活動的なノリが支持された。

 番組と「おニャン子」の名を最初に有名にしたのは、皮肉にも「集団喫煙事件」であった。局近くの喫茶店でメンバー6人が喫煙しているところを「週刊文春」に掲載され、5人がそのまま降板となった。

 そのひとりであり、エースの期待も高かった会員番号7番の友田麻美子(52)が、当時を振り返った。

「新宿駅地下の喫茶店に入ったんです。まだ顔も売れていないから吸っても大丈夫だろうって。カメラのシャッター音が聞こえた時は『ガーン!』という衝撃でした。親にもタバコを捨てられてしまいました(笑)」

 タバコで解雇は、不良性感度の高い80年代ならではであろうか。その後、友田はオーダーメイドのバッグデザイナーとして活躍している。

 会員番号11番の福永恵規(53)は、非公式ながら「おニャン子」の初代リーダーも務めた。番組スタッフの期待ほど人気は上がらなかったが、現在はなんと、小泉今日子の個人事務所「オフィス日新」で取締役に就任し、広報やアシスタントプロデューサーとして辣腕を振るっている。

 ソロデビュー第1号を飾り、メンバー屈指の美少女と呼ばれた会員番号12番の河合その子(55)は、メイン作曲家だった後藤次利氏と94年に結婚し、引退。10年前には資生堂のCMで久々に姿を見せたが、その際に1児の母になっていることを明かした。

 布川敏和の妹で会員番号33番の布川智子(51)は、結婚して3児の母となったが、11年に現姓の「荻野智子」名義で活動を再開。娘の荻野心もアイドル活動を始めている。

 アイドル・芹沢直美の妹で会員番号48番の我妻佳代(52)は、愛らしいルックスで後期おニャン子の起爆剤となった。引退後の03年、六本木に会員制のダーツバー「HOME’S BAR 48」をオープンさせたが、店名は自身の会員番号に由来する。

 同店は現在も営業しているが、コロナ禍により、たびたびの臨時休業に見舞われているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」