芸能

戦後75年を彩った「あのいい女」は今!<おニャン子クラブ>タバコ解雇の友田麻美子はバッグデザイナーに

 アイドルの勢力図を変えたと言われる「おニャン子クラブ」は、誕生から35年になる。50人を超えるメンバーで、印象に残った顔ぶれを追跡してみたい。

 おニャン子を生んだ番組「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)が始まったのは85年4月1日である。現役女子高生を中心に、放課後のクラブ活動的なノリが支持された。

 番組と「おニャン子」の名を最初に有名にしたのは、皮肉にも「集団喫煙事件」であった。局近くの喫茶店でメンバー6人が喫煙しているところを「週刊文春」に掲載され、5人がそのまま降板となった。

 そのひとりであり、エースの期待も高かった会員番号7番の友田麻美子(52)が、当時を振り返った。

「新宿駅地下の喫茶店に入ったんです。まだ顔も売れていないから吸っても大丈夫だろうって。カメラのシャッター音が聞こえた時は『ガーン!』という衝撃でした。親にもタバコを捨てられてしまいました(笑)」

 タバコで解雇は、不良性感度の高い80年代ならではであろうか。その後、友田はオーダーメイドのバッグデザイナーとして活躍している。

 会員番号11番の福永恵規(53)は、非公式ながら「おニャン子」の初代リーダーも務めた。番組スタッフの期待ほど人気は上がらなかったが、現在はなんと、小泉今日子の個人事務所「オフィス日新」で取締役に就任し、広報やアシスタントプロデューサーとして辣腕を振るっている。

 ソロデビュー第1号を飾り、メンバー屈指の美少女と呼ばれた会員番号12番の河合その子(55)は、メイン作曲家だった後藤次利氏と94年に結婚し、引退。10年前には資生堂のCMで久々に姿を見せたが、その際に1児の母になっていることを明かした。

 布川敏和の妹で会員番号33番の布川智子(51)は、結婚して3児の母となったが、11年に現姓の「荻野智子」名義で活動を再開。娘の荻野心もアイドル活動を始めている。

 アイドル・芹沢直美の妹で会員番号48番の我妻佳代(52)は、愛らしいルックスで後期おニャン子の起爆剤となった。引退後の03年、六本木に会員制のダーツバー「HOME’S BAR 48」をオープンさせたが、店名は自身の会員番号に由来する。

 同店は現在も営業しているが、コロナ禍により、たびたびの臨時休業に見舞われているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線