スポーツ

口止め料!?田尾安志、楽天解任時に三木谷から受けたケンカ寸前「処遇」

 中日ドラゴンズなどで活躍した元プロ野球選手の田尾安志氏といえば、テレビでの野球解説でも知られるように、穏やかな喋り口調から温和な人柄を想像する。しかし、そんな田尾氏にも、「本気でケンカしてやろうと思った」と闘志をむき出しにした過去があったようだ。しかも、その相手とは、東北楽天ゴールデンイーグルスのオーナーを務める三木谷浩史氏である。

 田尾氏は、イーグルスの初代監督である。2005年から3年契約だった田尾氏だが、シーズン1年目に38勝97敗の大敗を喫し、そのままユニフォームを脱ぐように強要された過去がある。球団創設から華々しく連勝街道を歩けるとは想像しずらいなか、田尾氏は3年間の中でしっかりチームを育もうと考えていたはずなのだが…。

 元プロ野球選手であり、また同様にイーグルスの監督経験もある大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」の8月24日投稿動画で、田尾氏はこう振り返っている。

 解任後、田尾氏の元には功労金を月々分割して支払うと書面が届いたという。しかし、〈球団に対してマイナスコメントしたらそれ以降は出さない〉といった覚書もあったことから、「だったら功労金ではなく、口止め料だよな?」と球団に“貰えない”と談判したところ、三木谷氏から料亭に誘いがあったのだそうだ。

「ケンカしたろと思って。怒ったら恐いよ。星野さんに負けない自信がある」と、あの闘将、故・星野仙一氏に勝るとも劣らずといった性分であると田尾氏は口にした。結果、三木谷氏が下手に出てきたことからケンカにならなかったと語る田尾氏だが、随所に男気を感させる回となった。現在は優勝を狙えるまでに成長したイーグルスだが、田尾氏のように本物の功労者があっての現在であることを再認識させられる。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?