芸能

アンジャッシュ児嶋、YouTubeが軌道に乗り始めた意外な投稿内容

 今やチャンネル登録者数48万人を抱えるアンジャッシュ・児嶋一哉がみずからのYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」の8月21日投稿の「YouTubeのコメント欄、全部読んでます♪」で、これまでの投稿を振り返りスタッフに謝罪する姿を見せた。

 事の発端は、7月5日投稿「児嶋、45秒で何もできない」に遡る。今、ネットで話題になっている「45秒で何ができる?」といった歌詞で歌い出す初音ミク&GUMIのボーカロイド曲「45秒」に乗せて、児嶋が45秒でできることに挑戦するといった内容だった。

 しかし、まずは初音ミク&GUMIの踊りを模してのおじさんダンス披露で45秒、次に「蒙古タンメン中本」の辛旨インスタント焼きそば完食にチャレンジするも、あえなく失敗となった45秒、最後はアイスの「ガリガリ君」を食べようとしたとたん棒が抜けてしまうといったアクシデントの中、知覚過敏に苦しむ児嶋の「出来るか!」で終わるというグダグダ感満載の動画だった。

 それでも、同動画の視聴回数が125万回を超えていることから、「ビックリだよ」と児嶋。「45秒」の撮影後、「誰が観るの?」とスタッフを相当疑っていたと振り返り、「申し訳なかったね」とスタッフに謝罪。「何でもやってみないとダメだね」と意欲を見せた。

 実際、その動画の甲斐あってか、瑛人の「香水」を児嶋がフォークギターで弾き語る7月14日の投稿回では266万回、知識ゼロの児嶋が地雷メイクに挑戦した7月23日投稿回では234万回と、なかなかの視聴回数を稼いでいる。

 狩野英孝と一緒にゲーム実況をしたり、モーニングルーティンを披露したりと様々な企画に取り組む児嶋。後々には、相方・渡部建の復帰を飾る共演…なんてチャンレンジも待ち受けているのだろうか?(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」