芸能

石田ひかり、「あさイチ」戦争特集での“謎のヘラヘラ笑い”に広がった違和感

 石田ひかりが8月26日放送の「あさイチ」(NHK)で、異様な言動を見せ、ネットで違和感が広がっている。この日は戦時下で懸命に生きた女性たちの心に残るエピソードを紹介していたのだが、1人だけなぜか笑顔だったのだ。

「番組では8歳年上の夫と結婚し、長男を身ごもったものの、その夫に召集令状が届いた女性の話が紹介されていました。女性はその後、夫の実家で暮らすことに。姑は早くに亡くなっていたため、舅(しゅうと)との3人暮らし。さらにその後、夫はビルマで戦死してしまいます。そこで彼女は夫の弟と再婚することになったといいます」(芸能ライター)

 このように戦時中を力強く生き抜いた女性のエピソードVTRのあと、コメントを求められた石田は、「大好きな人と結婚したはずなのにその旦那さんのお父さんと暮らすことになって」と言うと、思わず吹き出し、うつむいた。そして「笑っちゃいけないんですけど。まあ戦争って、ほんとにそういうなんとも言えない現実がある」と語ったのだ。

 さらに別のエピソードのあと、博多華丸・大吉が神妙そうな顔をしている中、石田は何か、別のテーマでトークしているように、なぜか、さわやかな笑顔で「たった75年しか経っていないというのが驚きますよね」と朗らかにコメント。

 そして、この後、とある女学生と兵士の文通エピソードが紹介された。だが戦争が終わる4か月前、男性からの便りが途絶えてしまったという。そこで、男性がそのあとどうなったのか追跡取材。取材の結果、彼がフィリピン・セブ島で戦死していたことが判明した。それを伝えるVTRが終わり、改めて近江友里恵アナが「今回の取材でセブ島で亡くなっていたということがわかりました」と伝えた。だが、石田は、にこやかに、「(女学生の方は今も)お手紙も大事にされていたんですね」とコメント。

 そして女学生の名前はVTRの中で何度も「栄美さん」と紹介されていたにもかかわらず、「九十いくつですよね。えーっと、えみ、栄美さん?」と、テーブルに置いてある台本に目を落として名前を確認しながら、「最後にいいプレゼントになりましたよね」と、お元気であるにもかかわらず、もはや亡くなったかのような物言い。慌てて「最後じゃないですけど晩年にね」と言い直していた。

 SNS上では「 あの人ちょっとおかしい。天然では済まされないわ」「その後の笑顔とコメントに違和感しかない」「さすがにひどい」といまだに非難が続いている。

 いったいなぜ、わざわざ石田がこの企画に呼ばれたのか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋