社会

五輪招致レースの舞台ウラ(2)フェンシング太田もロビー活動に大貢献

20130926f_2

 五輪招致がもたらす数兆円もの経済効果を考えるとその過熱ぶりもうなずけるが、今回、ロビー活動に大貢献したと言われるのが、フェンシングで3大会連続メダルを狙う太田雄貴(27)。スポーツ紙デスクが言う。

「24年五輪は前回開催から100年を迎えるパリが大本命だけに、2大会連続の欧州開催を好まない。すなわち20年五輪でスペイン・マドリード開催を好まない欧州票の取り込みこそ今回の日本の戦略の一つだった。欧州発祥のフェンシングの選手で現地で知名度が抜群の太田は、語学力を磨くなど当初から積極的でしたね。

 太田は今年の国際フェンシング連盟の選手委員選挙ではトップ当選するほど人脈を持っており、9月10日にIOCの新会長に選出されたドイツのトーマス・バッハ氏は、元フェンシング選手。そんなこともあって太田は将来IOC委員の空席が生じた際にハンマー投げの室伏広治(38)とその枠を争っても不思議じゃない。招致決定の瞬間、真っ先に飛び跳ねたのもいかにも太田らしい。直後の大泣きは、パフォーマンスじみてちょっと引きましたけど(笑)。安倍総理の側近から『あんなに泣ける男は珍しいよ。リオ五輪終了後は政界に誘いたい』という声も聞かれたほどです」

 太田の“歓喜ジャンプ”に劣らぬ勢いで立ち上がりガッツポーズを見せたのが、フリーアナウンサーの滝川クリステル(35)だった。最終プレゼンテーションでの「おもてなしスピーチ」は鮮烈な印象を残したが、スポーツ紙記者は言う。

「事前に『英語より楽です』と語っていたこともうなずける流暢なフランス語は、王族系のIOC委員に大好評でした。それとは逆に、東京開催決定当夜に放送された情報番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系)に生中継で出演した時の宮根誠司(50)とのやり取りは、ぎこちなかったですね(笑)。以前、同番組で共演していた仲なのに、宮根が『祝勝会やろう』と祝福の言葉をかけると、小首をかしげ『え、ええ‥‥』と言葉を濁していました。やはり宮根の隠し子騒動の際に、あるパーティで宮根を土下座させたと報じられたこともあるだけに、番組を降板したという過去を引きずっているようですね」(スポーツ紙記者)

 忘れてはいけないのは、体操の田中理恵(26)。総会に先立つ今年6月、スイス・ローザンヌで開かれた国内オリンピック委員会連合(ANOC)総会でのライバル3候補都市によるプレゼンテーションの席上、英語で東京をアピールした。

 スポーツライターが明かす。

「五輪招致の切り札と呼ばれた田中は、現役アスリート代表として参加し、身ぶり手ぶりを交えながら3分間スピーチ。彼女、『ぶっちゃけ、まったく英語ができないし‥‥』なんて言いながら、『原稿を読みながらのスピーチでは相手に伝わらないから』と、それこそ寝る間も惜しんで暗記したそうです。『1人暮らしなんで、お風呂の中でも、ビニールに原稿を入れて読み込みました』なんて秘話を語ってくれました」

 この涙ぐましくも妖艶な「全裸特訓」エピソードが、IOC委員たちの耳に事前に入っていたなら、さらなる圧勝をもたらしていたかも(笑)。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白