芸能

蛭子能収 ネットニュースでも話題になった認知症の具体的な症状とは?

●ゲスト:蛭子能収(えびす・よしかず) 1947年、熊本県生まれ。73年、「月刊漫画ガロ」で漫画家デビュー。「劇団東京乾電池」の舞台出演を機に、その特異なキャラクターを生かし、多くのバラエティー番組やテレビドラマで活躍。2007年スタートの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が大人気に。近著には「蛭子能収のゆるゆる人生相談」(光文社)、「ひとりぼっちを笑うな」「死にたくない 一億総終活時代の人生観」(ともにKADOKAWA)など。今年7月放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)に出演、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の合併症であると診断された。

 その特異なキャラクターでバラエティータレントや役者としても大活躍の漫画家・蛭子能収氏。2020年7月、医療番組に出演し、軽度の認知症と診断されたことが話題になった。しかし、つきあいの長いテリーにはある疑いが‥‥? 天才テリーによる特別検診がスタート!?

テリー 蛭子さん、認知症になったって、あれ、ウソなんでしょ。

蛭子 え、認知症? あぁ、何かちょっと病気っぽくはなりましたけど。

テリー 7月に放送された「主治医が見つかる診療所」で軽い認知症と診断されて、それがネットニュースでも話題になったじゃないですか。

蛭子 あぁ。

テリー これ、マネージャーと組んで、話題作りしてるんでしょう。

蛭子 いやいや、そんなことはしないですよ。それは絶対にしない。

テリー ホントかなぁ。だって昔から、いつも蛭子さんはホントとウソがゴチャゴチャだから。

蛭子 そうですかね。

テリー それが蛭子さんが天才たるゆえんですけど。

蛭子 天才? ウソの?

テリー だって今日も2年ぶりぐらいに会いましたけど、何も変わってないじゃないですか。じゃあ、軽い認知症って具体的にはどんな感じなんですか。

蛭子 いや、そう言われると俺もわからないんですけど。何か時々、何だろうなぁ‥‥。とにかく物忘れが増えましたかね。

テリー それは俺もヒドいですよ。今日も朝に何を食べたか、まったく覚えてないし、もう名刺をもらっても人の名前なんて一切覚えられないし。そんなの20年前からだけど(笑)。

蛭子 ハハハハ。だから、俺もそんなに重くは考えてないんですよね。自分では「こんなの、もしかしたら治るかもしれん」と思ってますけど。

テリー いや、治るというか、蛭子さんは才能があって、ちゃんとやりたいこともある人だから、そもそも他人に興味がないんですよ。

蛭子 あぁ、そうですねぇ。昔は多少そういう面もありましたけど、今はあんまりやりたいこともなくなっちゃいましたね。

テリー 例えば普通に暮らしていて、どんなことを忘れちゃうの?

蛭子 うーん、何だろう。何かあったっけ(とマネージャーに聞く)。

マネージャー(以下、マネ)昼間とか、仕事をしてる時はスイッチが入るんで、大丈夫そうに見えるんですけど、夜になると幻視が見えたりするみたいです。洗濯カゴが人に見えたり。

蛭子 いや、そんなに見えてるわけじゃないんですけど。それは、そんなにないですよ。

マネ 自宅のトイレの場所がわかんなくなったり。

蛭子 あ、それは1回だけ。

テリー 例えば「今日あそこへ行った」なんてことも忘れちゃうんですか。

マネ あ、それもあります。

蛭子 あるかな。でも、そんなにヒドいアレじゃないんですよ、病気は。

テリー それはそうですね。だいたい軽い認知症たって、自分はそう思ってないですもんね。だから「認知症ですよね」って質問されても困りますよね。答えようがないもん。

蛭子 そうですね。多少物忘れはあるんでしょうけど、それを認知症というのか、自分ではわかんないですよ。

(アサヒ芸能9月24日・10月1日合併号「天才テリー伊藤対談」=1=)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!