社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<帯状疱疹>「チクチク、ピリピリで…難聴や味覚障害の危険も」

 とかく「帯状疱疹」といえば、過度な疲れやストレスで発症するイメージがある。だが誰でも発症するおそれがある病気だ。特に、50歳以上になると発症率が高く、増加傾向にある。80歳までに、実に約3人に1人が帯状疱疹になると言われているほどだ。

 帯状疱疹は、水疱瘡ウイルスが原因となる痛みを伴う皮膚湿疹。しかし、水疱瘡が治っても、ウイルスは後根神経節という部位に潜んでおり、長い年月潜伏して、ストレスや疲れ、免疫力の低下などをきっかけに暴れだし発症する。

 一般的には、2~3週間で治癒に向かうが、長期にわたって発熱や頭痛、倦怠感を伴うことも。50歳以上の患者のうち約2割は、症状が治まってからも長期間にわたって痛みが続く「帯状疱疹後神経痛」に移行してしまうという報告もあるほどだ。

 さらに、顔面にウイルスの影響が及ぶと「ハント症候群」という病気を引き起こし、目や口が閉じにくくなったり、難聴、めまい、味覚低下などの症状が出ることもある。

 治療方法は、基本的にはアシクロビルやバラシクロビルなど、抗ウイルス薬の内服薬や点滴を用いる。鎮痛剤で対処できない場合には、神経ブロックや抗けいれん薬などを組み合わせることも。

 悪化させないためには、早期発見・早期治療が肝心だ。ポイントは発疹の前段階の「痛み」を見逃さないこと。帯状疱疹は、体の左右のどちらか片側に、細長い帯状に「ピリピリ」「チクチク」とした痛みや、かゆみを感じて、そのあとに水ぶくれを伴う発疹に移行する。そのため、「チクチク」「ピリピリ」などの皮膚の異変を感じたら、早めに医療機関を受診してほしい。また、発症リスクが上がる50歳以上を接種対象としたワクチンがあるので、接種することもおすすめする。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性