芸能

薬師丸ひろ子、「エール」で披露した「賛美歌」と舞台裏「秘話」の“癒やし力”

窪田正孝主演の朝ドラ「エール」(NHK)の第90話が10月16日に放送され、薬師丸ひろ子が歌声を披露する場面に称賛の声が寄せられている。

「戦場の歌」と題されたこの週の第90話。ヒロインの音(二階堂ふみ)の母・光子を演じる薬師丸が戦後、空襲で焼けてしまった豊橋の実家に佇み、復活の思いを込めて賛美歌「うるわしの白百合」を熱唱。喪失感の中にも悲しみに立ち向かう母親の強さを感じさせ、多くの視聴者の涙を誘ったようだ。

 この場面、演出を手掛ける吉田照幸氏によると当初の段階では、光子が「戦争の、こんちくしょう! こんちくしょう!」と唸り声をあげながら地面を叩くシーンが予定されていた。ところが薬師丸サイドから、地面を叩くのではなく「何か歌えないか」という提案があったという。

「薬師丸の提案から、セリフで表現するだけでは伝わらない、喪失感や悲しみが色濃く伝わる名シーンが誕生。ちなみにこの賛美歌は、日本では復活祭の時などに歌い継がれ、大正時代から昭和の初期にかけて女子学生の間で愛唱されていました。薬師丸自身も大学時代、礼拝堂でよく歌っていた賛美歌のようです」(テレビ誌記者)

 薬師丸といえば、大ヒットした朝ドラ「あまちゃん」(NHK)で、今も語り継がれる名曲「潮騒のメモリー」を残しているが、それだけではない。

「薬師丸は1981年、主演映画『セーラー服と機関銃』で主題歌を歌い大ヒット。さらに映画『探偵物語』『メイン・テーマ』、そして『Wの悲劇』と自身の主演作で主題歌を歌ってきました。今もデビュー当時と変わらぬ魅惑のウィスパーボイスは健在。今回は戦後の喪失感を癒やすだけにとどまらず、コロナ禍に苦しむ私たち視聴者の心も鎮めてくれたのではないでしょうか」(女性誌記者)

 ドラマもいよいよ戦後編に突入。光子の祈りは通じるのか。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」