芸能

中田翔、田中裕二・清原和博からの“エール”とは/坂下Dの「地獄耳」芸能

 中田翔の「暴力移籍」だが、実は賛否両論だ。今回の移籍を喜んでいる人もいるのである。

 巨人ファンの爆笑問題・田中裕二は、「ビックリしちゃって。正直、ちょっと嬉しいんですよ。だって、あれだけの選手、高校野球の頃からスター選手だからね」と、期待が大きいことを口にするのだった。

 元ジャイアンツの清原和博氏は、巨人軍を知っているだけに、独自の目線で自嘲気味に語る。

「一番いい球団に行ったんじゃないかな。やっぱり更生するんじゃないですか。俺も経験しましたけど、パ・リーグで好き勝手やってんのと、ジャイアンツでやるのは全然違いますし、ジャイアンツならではのしきたりがありますし。僕は全部それに反発してしまって、ダメでしたけど…」

 巨人軍は甘やかすことなく、中田を「紳士」へと矯正してくれるだろうか。

 さらに、清原は中田にこうアドバイスを送るのだった。

「札幌ドーム(日ハムのホーム)は異様に広いんですよ。試合をやったら、飛ばそうとして力んでしまうんですよ。それが東京ドームになるわけですよ。ポンッてやったらホームランですから。カキーンッて打たなくてもいいんです。それに早く気付いてほしい。イラつかないで、振り回さないで、東京ドームはポンッて打てば─」

 8月22日、移籍後初ホームランを打った中田。東京ドームで本塁打を量産できるか見どころだ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYoutTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
プーチン×金与正「殺人兵器ビジネス」で電撃合体(2)北朝鮮が参戦すれば大戦に