芸能

綾瀬はるか、野々村真もとばっちりを食った“コロナ感染”の波紋!

 女優の綾瀬はるかが、新型コロナに感染していたことが判明。大きな波紋を呼んだ。

「所属事務所が感染を発表したのは8月31日。公式ホームぺージによれば、綾瀬は20日の時点で微熱があったことから抗原検査を行ったものの陰性で、翌日のPCR検査でも陰性だったそうです。しかし26日の再診での抗原検査で陽性が判明。自宅療養後、肺炎の症状が出たため都内の病院に入院したと説明しています」(芸能ライター)

 事務所は「現在は回復に向かっております」としていることからファンにとっては一安心だが、公表されたのが「NEWSポストセブン」が報じたのと同日だったことなどから、ネットでは様々な意見が飛び交う事態となったのだ。

「綾瀬が所属する事務所では今年2月に石原さとみがコロナに感染していますが、この時も陽性が判明したのが1月中旬で、感染が報じられた後の発表となりました。そのため今回も《どうせバレるんだから早く公表すればいいのに》や、《いやいや事情もあるだろうし公表なんてする必要ない》などといった声が出ましたね。加えて、『NEWSポストセブン』が綾瀬の症状について、《当初は肺に白い影ができるほどで呼吸もしづらかった》《緊急入院。中等症と見られる》と報じたことから、《大事に至らなかったのはよかったけど、綾瀬にもなると中等症で即入院できるんだな》《やっぱり庶民とは違うんだろう。中等症で自宅療養の人が多いのに》と、事態の成り行きに“微妙”とする指摘も殺到していました」(ネットウオッチャー)

 一方、先ごろコロナ感染から復帰したタレントの野々村真は、容体が悪化しながらもなかなか入院が叶わなかった事情を語っていたことから、〈芸能人でも綾瀬と野々村じゃ扱いが違うってこと?〉などと、とんだ「とばっちり」も発生。公表・非公表も含め、芸能人のコロナ対応はなかなかに難しいようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」