芸能

吉高由里子「新・魔性テク」でサンマを骨抜き(1)「由里子、ヤバすぎる!」を連発

 ヒロインを務めるドラマが高視聴率をキープする中、話題の主演映画が封切りされた。コロナ禍で停滞していたエンタメ業界で、吉高由里子がひとり気を吐いている。しかも、活躍の幅を広げるたびに、各現場で魔性ぶりを発揮。共演者やスタッフをメロメロにしているようで‥‥。

 14年にNHK朝ドラのヒロインを務めたのち、ドラマや映画への出演を控えていた吉高由里子(32)。約3年間のブランクを経て、この数年の活躍は目覚ましく、再び注目を集めている。

 テレビドラマだけを挙げても、17年の「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)、18年の「正義のセ」(日テレ系)、19年の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)、今年1月期の「知らなくていいコト」(日テレ系)と、4年連続で主演を務めている。そして、この10月から始まった「危険なビーナス」(TBS系)でもヒロインに抜擢され、初回視聴率が14.1%。2回目も二桁をキープするなど、実績も伴い始めた。今や、令和No.1の売れっ子女優と言っても過言ではない。

 そんな人気急騰中の吉高が主演を務める映画「きみの瞳が問いかけている」(ギャガ)が先頃、全国公開された。視力を失った女性という難役に挑み、吉高の演技力が高評価の対象に。人気だけでなく、女優としての実力も広く認められているのだ。

 これだけ引っ張りだこになるのには、他にも理由があるという。ドラマスタッフが明かす。

「もともと吉高さんは偉ぶるところがなく、気さくで人懐っこい性格。現場ウケがいいんです。最近は年齢を重ねて余裕が出てきたのか、以前にも増して周囲に対する気遣いができるようになっています。自分がボケ役に回ったり、撮影スタッフをイジッたりして現場のムードメーカーになっている。上層部でなくてもオファーを出したくなりますよ」

 しかもその気遣いたるや、共演者のココロをわしづかみにするのがピカイチのようだ。

「映画『きみの瞳が──』で、ともに主演を務める横浜流星(24)がバラエティー番組に出演して、吉高が食生活を気遣い、手作り弁当を渡してくれたことをバラして、『俺のこと好きなのか、と思った』と冗談めかして話していました。が、この吉高のふるまいにコロッと持っていかれる共演者は多いです」(芸能記者)

 吉高のトリコになるのは、長期間現場をともにするドラマや映画の共演者だけではない。宣伝のために吉高がゲスト出演したバラエティー番組でも同様。ほんの一瞬の共演でもメロメロにされてしまう。

 つい最近、共演した人気お笑いコンビ「ニューヨーク」の2人が自身のYouTubeチャンネルで、吉高の魔性ぶりを暴露。そのスゴさは「由里子、ヤバすぎる!」を連発していたことからもわかる。

 番組名こそ明かさなかったが、吉高がスタジオ入りするなり、旧知のカメラマンを見つけると、「うわーっ! 久しぶりー!」と笑顔でうれしそうに手を振ったというのだ。人気女優ながら共演者やスタッフに分け隔てなく同じ態度で接する姿を見て感動。収録後、現場にいた全員が「由里子を好きになっていた」という。

 その美貌はもちろんのこと「生で会わないとわからない」雰囲気があるそうで、先のニューヨークはその魅力をこう総括したものだ。

「あんなもんと出会ったらボロボロになる! もし由里子と恋愛してもうたら狂ってしまうから、人生が!」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
3
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!