芸能

見せたがり女子アナ11人「グラビア戦国時代」をガチンコ査定(2)鷲見玲奈がグラビア登場で大反響

 今年4月、フリーに転身した元テレビ東京の鷲見玲奈(30)は「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングマガジン」のグラビアを飾り、大車輪の活躍を見せた。

 特に「プレイボーイ」(37号)の白いキャミソールにロングカーディガンを羽織ったカットは、推定Gカップ豊満バストのボリュームがクッキリわかるほど薄着で、谷間もチラリ。これが大反響を呼び、39・40号でもアンコールに応じて登場。

「衣装はセクシーなものが多く『女子アナがフリーになって、ちょろっとグラビアに出ました』という域を超えている。『セクシー』と『衝撃』は4点台です」(丸山氏)

 一方、フリーアナで低評価なのが、元テレビ朝日の宇賀なつみ(34)だ。昨年5月に「週刊ポスト」でグラビアに挑戦したが、尾谷氏が、

「太陽光で太腿から膝下まで透けるレース素材のピンクのスカートをはき、ほほ笑んでいる写真は美脚がキレイ。ただ、見どころはそれだけ」

 と一蹴すれば、丸山氏も、

「エロさはなく、ほのかな大人のセクシーさ。ツボにはまる人はドハマりしそうですが」

 と、局アナ時代の清楚なイメージを覆すほどのインパクトはなかった。

 今年1月にマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」で表紙と巻頭グラビアを飾ったのは、TBSの日比麻音子アナ(27)。「あさチャン!」や「ひるおび!」のレギュラーを務め、ラジオ番組「アフター6ジャンクション」では「国民の孫」と呼ばれている。尾谷氏は「採点表の数字以上に高評価」と期待を寄せ、こう続ける。

「ボーダー柄のシャツに、キュロットパンツで街ブラしているカットで『隠れ巨乳』が判明。それだけでもグッときますが、アイスを食べたり、水道水を口づけするように飲んだり、けっこう攻めた内容なんです。アイドル顔負けのルックスで、今すぐフリーに転身しても大成功する逸材です」

 女性ファッション誌「Oggi」10月号で減量に成功したボディを披露したのは、日本テレビの尾崎里紗アナ(27)。秋コーデのページに登場ということで、コートを羽織ったり、ロング丈のシャツ姿のため「セクシー」ポイントは低評価に終わった。

「そもそもトレーニングで4キロ痩せたと言われても、グラビア業界では当たり前の話。グラビアは成果主義なので、出ただけで喜んでいるなら、読者モデルと同じです」(尾谷氏)

 次回は、審査員を見返す活躍に期待したい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」