女子アナ

桑子真帆、ついにフリー転身?2年ぶり「紅白」司会にNHK退社“花道”説

 NHKが11月2日、大みそか放送の「第71回 紅白歌合戦」の司会者について、白組が俳優の大泉洋、紅組が女優の二階堂ふみ、総合司会が内村光良、桑子真帆アナに決定したことを発表した。

 4年連続の総合司会となる内村については順当と見られていただけに、初司会となる大泉、二階堂の起用が注目されているが、一方で気になるのは2年ぶりとなる桑子アナの抜擢だ。

「昨年は17年、18年と連続で務めていた桑子アナが外され、和久田麻由子アナが起用されましたが、その原因は18年の紅白のラストで、優勝旗授与の際に優勝した白組ではなく『紅組に優勝旗が渡されます』とした致命的なミスが影響したとも言われました。さらにさかのぼれば、同年2月に開催された平昌五輪で現地キャスターを務めた際、開会式の中継で『閉会式』と言い間違える大失態を見せており、これらも含めたNHK上層部の“お灸”ではないかとも囁かれました」(週刊誌記者)

 その後、今年3月からは和久田アナと入れ替わる形で「ニュースウオッチ9」から「おはよう日本」へと引っ越し。女子アナファンの間では、すっかり影の薄い存在となりつつある。

「桑子アナの魅力は何と言っても推定Fカップの爆裂バストですが、早朝番組向けの大人しい衣装となり、完全に封印されてしまいましたからね」(女子アナウオッチャー)

 そんな中、今回の紅白の司会起用についてはこんな話もある。

「NHK退社、フリー転身説が再燃する格好となっています。彼女の退社説は以前からありましたが、熱愛が報じられている俳優の小澤征爾との結婚も視野に入れつつ、来年春に区切りをつけるという話。NHK側も、今後の彼女との関係を考慮し、花道として紅白司会の席を用意したも伝わってきます」(前出・週刊誌記者)

 来年はいよいよ民放で桑子アナを見ることができる?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人