スポーツ

巨人・坂本勇人が宮本慎也に叩き込まれた「名手の真髄」とは?

 11月7日、史上2番目の年少記録となる31歳10か月で2000本安打を達成、名球会入りを果たした、巨人の坂本勇人。坂本は打撃だけではなく、ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞に3度輝く名手でもあるが、この坂本に、同じくショートを守る元プロ野球選手が指導したところ、後に坂本の心に残るアドバイスとなったようなのだが、その人物とは…?

 名球会が運営する公式YouTubeチャンネル「日本プロ野球名球会チャンネル」で11月11日投稿回に出演した、ヤクルトスワローズ一筋19年、通算2133安打を放った球界屈指の名手・宮本慎也氏である。〈【坂本勇人との自主トレ裏事情】球界屈指の名手・宮本慎也が守備理論を語る!〉とタイトルされた内容を観てみると、宮本氏が語るのは、原辰徳監督からの頼みを聞き入れ、ヤクルトの選手の中に巨人の坂本が1人加わる形で行われた2012年の自主トレでのことだった。

「あまり良いキャッチボールをしていなかった」と当時の坂本を振り返る宮本氏。坂本はこれ以前の09年に遊撃手部門としてベストナインに輝く実力者であった。しかし、ゴールデングラブ賞に10度輝く宮本氏の眼光は鋭く、キャッチボールとは、今から練習始めますよのウォーミングアップではないと教え込み、それから現在の坂本の捕球姿勢に繋がる「ゴロを捕る形を指導した」と宮本氏は語ったのだった。

 後日、坂本が「キャッチボールの大切さを学んだ。本当に感謝している」と語っていたと宮本氏は目を細めた。坂本がゴールデングラブ賞を受賞した3回は、この後の16、17、19年のことである。

 名手・坂本は、宮本氏の助言と原監督の計らいから生まれたものだったことが分かった、興味深い良回であった。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?