女子アナ

NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」

 日本シリーズでMVPを獲得したソフトバンクの栗原陵矢は、捕手登録でありながら一塁や外野を守り、大ブレイク。推定年俸1000万円からの大幅アップに期待がかかるが、女子アナ界でも「コンバート」によって昇給を勝ち取れるケースがある。3月に「ニュースウォッチ9」から「おはよう日本」に活躍の場を移したNHKの桑子真帆アナ(33)がそうだ。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎GMが、ずばり金額を提示する。

「1000万円(金額は推定、以下同)の年収から40%アップの1400万円は期待できます。夜の艶やかな守備力に定評があっただけに、さわやかな朝の顔が務まるのか不安視されていましたが、鉄壁の守備は不変でした。『紅白歌合戦』の総合司会にも抜擢されて、昨年は涙をのんだ『NHKの顔』に返り咲くことができた」

 さらに、“FA”で出て行ってしまうことを防ぐためには、「“市民球団”たる公共放送としては異例の大型昇給で、慰留を図りますよ」とのことだ。

 球界とともに女子アナたちもストーブリーグに突入。コロナ禍のあおりを受けて、広告収入減少に歯止めがかからないテレビ業界では、厳冬覚悟の契約更改が待ち構えている。「ポジション変更」が功を奏した桑子アナとは裏腹に、コンバートが仇となって勢いに陰りの見られる和久田麻由子アナ(32)、暴露音声漏洩の「素行不良」によって大幅減俸必至のテレビ東京・森香澄アナ(25)、クセ者ぞろいの局アナたちの管理力を評価された「選手兼任監督」のテレビ朝日・大下容子アナ(50)など、12月1日発売の「週刊アサヒ芸能12月10日特大号」では、明暗分かれる女子アナたちの「契約更改」を勝手に実施。銭闘攻防戦の行方を詳報している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!