芸能

黒木瞳「吉永小百合を超える」野望が頓挫した(2)初監督作品は億単位の大赤字に

 スキャンダルまみれの映画「十二単衣」は起死回生を狙った黒木の思惑がみごとに空回りの状態に。公開週の映画ランキングではトップテン圏外。第1週に6位、第2週に圏外に去った「とんかつ」でさえ爆死と言われているが、「十二単衣」は興収が明かされないほど無残な展開になっている。

 映画はいわゆるタイムスリップもの。伊藤演じる青年が就職試験に失敗し、ひょんなことから平安の源氏の世界に飛ぶ‥‥。映画サイトのレビューでは「俳優さんたちがかわいそう。高校生が学園祭で上映する自主映画のよう」とか「何が言いたいのか」と酷評が書き込まれ、さらに「カメラアングルや演出も古い」といった、監督としての資質を問う批判も相次いだ。

 だが、これらは想定内だったと、映画ライターは語る。

「監督デビュー作の『嫌な女』もひどかった。吉田羊(46)と木村佳乃(44)というある意味では旬の女優を起用したのですが、映像が素人っぽいし、何を言いたいのかさっぱり伝わってこなかった。撮影では黒木が吉田にダメ出ししたと言われましたが、完成した作品を見たら、ダメ出しされるのは黒木のほうでは、という声も。しかも製作費が10億円もかかったので、赤字が億単位になった。これに懲りて監督はもうやらないと思っていたのですが‥‥。キノフィルムズに企画を持ち込んで再び監督をやると聞いた時は、嫌な予感がしていました」

 この杞憂は的中した。映画関係者もこんなふうに経緯を振り返る。

「黒木は『化身』(86年)では藤竜也(79)と、『失楽園』(97年)では役所広司(64)と、映画史に残るセックスシーンを演じた大物として一目置かれています。黒木が企画を持ち込み、監督をやりたい、伊藤という売れっ子で映画化するとなれば、映画会社も断りきれなかったのではないかと思います」

 懲りない大女優に周囲も手を焼いたということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
2
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
5
乃木坂46山下美月、「黒板中に悪口」壮絶イジメ体験を初激白に驚きの声