芸能

ウーマン村本、みずからの「アジ演説漫才」を「面白い漫才」と確信していた!?

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔が12月6日放送の「THE MANZAI 2020」(フジテレビ系)にて披露したネタが物議を醸している。村本は相方の中川パラダイスを置き去りにするようにして一人で政治批判の大演説を展開。桜を見る会や原発、米軍基地などをテーマにしゃべりまくり、最後には「フジテレビ、このネタ改ざんすんなよ」と吐き捨てていた。

 3日後の12月9日には「ビートたけしさんのコメント」と題して、コンテンツ配信サイトのnoteにてTHE MANZAIの裏話を公開。これまでは2日間ある収録日のうち、ビートたけしらのMC陣が不在の日を選んでいたが、今年は実験としてあえてMC陣のいる日に合わせたという。その告白に、お笑い好きから疑問の声があがっているという。ある芸能ライターが言う。

「村本は、視聴者はワイプに映る芸能人の表情やMCたちの発言をみずからの“答え合わせ”に使っていると主張。それゆえこれまでは『その答え合わせをさせず自分の判断で「面白い、面白くない」の答えを考えて欲しくて』とのことから、MC陣のいない日を選んでいたと明かしました。そんな村本に対して『そもそも自分のネタを“面白い漫才”と思っていたのか!?』と半ば呆れたような驚きの声が出ているのです」

 もちろん、村本の繰り出すマシンガントークが話術として高いレベルにあることは明らか。最後にもってきたフジテレビ相手の捨て台詞までを含めて、よく練られた台本であることは確か。しかしこれを「面白い漫才」と呼ぶことができるのかというわけだ。

「村本のネタは漫才というより《とてもしゃべりのうまいいアジ演説》でしょう。ビートたけしが『ああいうのは北千住の駅前によく居たな』評したように大きな駅にはよく似合うことでしょう。村本が『面白例え』と評していたたけしの発言は、あくまで視聴者の総意を代弁したもの。おそらく、ほとんどの視聴者が《あれは漫才ではない》と思っていると思いますよ。当の村本は『漫才として面白い』と思っているようで、そこはある意味、彼らしくもあります」(前出・芸能ライター)

 村本がテレビで“漫才”を披露するのは「THE MANZAI」の年1回だけ。たけしの言葉からも感じられるように、視聴者としては年1回でもお腹いっぱいなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」