芸能

石橋貴明の一言で消沈!?暴露された若き日の岡田圭右「閉店ガラガラ」事件

「出た!」「ウワオ!」「閉店ガラガラ」と言えば、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の勢いに任せた一発ギャグである。端正な顔立ちにもかかわらず、イケメン芸人ではなく、岡田がいじられキャラに位置するのは、これらの芸風に起因するものであろう。

 そんな岡田だが、本当に「閉店ガラガラ」してしまったという過去のエピソードが明かされる番組があった。

 タレント・勝俣州和のYouTubeチャンネル〈勝俣かっちゃんねる〉で、去る11月10日に投稿された〈【キャイ~ン×勝俣コラボ】ウリナリ20年目の真実!〉がそれで、1991年から2001年にかけて放送されたバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日本テレビ系)に話は遡る。

 番組レギュラーだった勝俣は、とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)の趣向をよく知っており、お笑いにしても関西っぽいのはあまりお好みではなかったそうだ。そんな中、多くの芸人を集めて運動会をするといった企画が行われた。当時、ノリにノッていた岡田も招かれ、冒頭から「ウワオ!」「閉店ガラガラ」と渾身のギャグを放り込んだ。

 ところが、石橋から「あ~、西の人ね」と突き放すようなツッコミが入り、「そこから4時間くらいの収録、岡田君一言もしゃべらなかった」と勝俣が苦笑を交え明かしている。

 もっとも、勝俣は「でもそれも(石橋の)ギャグなんだよ」「それでもちょっと待ってくださいよ!といかなきゃいけないんだけど、ほんとに(ガラガラと)閉めちゃったから」と続けた。つまり、石橋にしてみれば、懲りずに岡田がギャグを放り込んでくることを期待しての「西の人ね~」発言を、マジメな岡田は真に受けたと勝俣は分析していたようだった。

 今、岡田が聞けば、まさに「閉店ガラガラ」したいエピソードだったに違いない!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる