芸能

ビートたけしの名言集「歌手・ビートたけしが精力的だった時代」

 先日、20代後輩の芸人と雑談をしていた際、わたくしが「殿は昔、フルアルバムをリリースして、コンサートツアーで全国を回るほど、精力的に歌手活動をしていた時期があった」という過去を教えると、その芸人はかなり驚いたリアクションをとったのです。この時〈そうか、今の若い子は歌手のビートたけしをあまり知らないのだな〉と、やや驚いたのと同時に〈殿の曲を知らないなんて、なんてもったいない!〉と強く思ったのです。これまで殿がリリースしたアルバムは7枚(ベスト盤などを含めるともっと多いはず)。その楽曲の多さは“芸人の気まぐれでやっていた歌手活動”ではけしてなく、本気度がはっきりと見てとれます。

 で、“たけし原理主義”であるわたくしの立場をいったんフラットにして、公平な耳で聴いてみても、掛値なしに名曲が多いのです。さらに、殿に楽曲を提供した作曲家や作詞家、ミュージシャンたちの豪華さは大変驚くばかりです。ざっと記します。阿久悠、小林亜星、桑田佳祐、大澤誉志幸、泉谷しげる、坂本龍一、谷川俊太郎、玉置浩二、糸井重里、加瀬邦彦、等。ちなみに、殿はそんな楽曲提供者を振り返る時、必ず、

「たぶん阿久悠さんの書いた歌で、いちばん売れなかった歌って、俺の歌じゃねーか?」

 と、自虐的に吐露します。

 とにかく、ひと頃の殿は、定期的にレコーディングをしてアルバムを製作し、軍団を引き連れて、地方の2000~3000人クラスのホールを回っていたのです。もちろん、どこのホールも超満員で、その客層は、圧倒的に若い女の子たちが多かったそうです。

 そんな“歌手・ビートたけし”と以前、レコーディングをともにした、あるミュージシャンの方から聞いた話をひとつ──。

「たけしさんとレコーディングした時、カランコロンって、なんか変な音が入るんだよね。楽器とかアンプとかチェックしてもどこも異常はないのに、いざ録音すると、やっぱりカランコロンって、変な音が入るんだよ。おかしいな~と思って、よく見てみたら、たけしさんが飴舐めて歌ってたんだよね」

 なんとも、殿らしいエピソードです。

 で、殿の最近の印象的な歌手活動といえば、去年の大晦日の紅白です。名曲「浅草キッド」を歌いあげた殿への反響は大きく、ネットでの“速報的大反響”を楽屋に戻った殿に伝えると、

「なんだ? 『たけしの歌に感動した』って? 盛り上がってんのか!?」

 と、本番を終えホッとした顔で返したのでした。

 で、大成功となった本番の5日程前、NHKホールにてリハーサルを行った殿に、その夜、会うと、

「ちょっとさっきNHKホール行って、リハで歌ってきたんだけどよ、あそこはいいな! すごい歌いやすいんだよ。あれだな。NHKホールは高級カラオケボックスだな!」

 と、あの場で歌った者にしかわからない、殿独自の感想を漏らしていました。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…