芸能

石田純一、荒れに荒れるYouTube「コロナ弁明」以外の“呆れ点”とは

 俳優の石田純一のYouTubeチャンネルが荒れに荒れている。

 石田は1月14日、67歳となる誕生日に「じゅんちゃんねる」のタイトルでチャンネルをスタートさせ、22日の時点で登録者数は860人あまり。視聴者も1本目こそ約4万回に達しているが、18日にアップされた動画は約8500回。21日の生配信でも低評価が高評価をはるかに上回る事態となっている。

「14日、18日の動画では、『コロナウイルス感染のすべてを語る』などとして、昨年4月に自身がコロナに感染した経緯やバッシングと仕事激減、さらには妻・東尾理子との関係の悪化などを赤裸々に語り、何度も『世間にご迷惑をおかけしました』『反省しております』と謝罪するシーンが見られますが、コメント欄は批判が多数。石田もあらかた想定はしていたかもしれませんが、ここまでひどいとは思っていなかったでしょう。ただ、ここでコメント欄を閉じてしまえば火に油状態となる。またもや悩みの種を抱えてしまった格好です」(ネットウオッチャー)

 そのブーイング内容は、《みじめな男》《自分の非常識のせいで仕事がなくなったからってYouTubeはじめますよってダサい》《あなたから学ぶことは何もない》《不快なので出てこないで》などかなり辛辣だ。

「コロナ感染について全てをさらけ出そうという石田の意気込みが窺えますが、随所に『言いたいことはいっぱいある』、緊急事態中に沖縄に出向いたことについても『仕事だから不要不急ではない』など弁明の発言が見られ、これが“反省していない”とも捉えられたようです。また、今後どんな動画をアップしていきたいかの話でも、『恋愛について』などと言い、モテたい男性はこうあるべきとツラツラと持論を述べ始め、かつて“不貞は文化”などと自身満々で言い放っていたかつての石田を思い出した視聴者も多かったようです」(前出・ネットウオッチャー)

 洒落っ気に固執するのではなく、いっそのこと罰ゲーム動画を投稿し続けた方がイメージは好転するかもしれない?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”