芸能

石田純一、荒れに荒れるYouTube「コロナ弁明」以外の“呆れ点”とは

 俳優の石田純一のYouTubeチャンネルが荒れに荒れている。

 石田は1月14日、67歳となる誕生日に「じゅんちゃんねる」のタイトルでチャンネルをスタートさせ、22日の時点で登録者数は860人あまり。視聴者も1本目こそ約4万回に達しているが、18日にアップされた動画は約8500回。21日の生配信でも低評価が高評価をはるかに上回る事態となっている。

「14日、18日の動画では、『コロナウイルス感染のすべてを語る』などとして、昨年4月に自身がコロナに感染した経緯やバッシングと仕事激減、さらには妻・東尾理子との関係の悪化などを赤裸々に語り、何度も『世間にご迷惑をおかけしました』『反省しております』と謝罪するシーンが見られますが、コメント欄は批判が多数。石田もあらかた想定はしていたかもしれませんが、ここまでひどいとは思っていなかったでしょう。ただ、ここでコメント欄を閉じてしまえば火に油状態となる。またもや悩みの種を抱えてしまった格好です」(ネットウオッチャー)

 そのブーイング内容は、《みじめな男》《自分の非常識のせいで仕事がなくなったからってYouTubeはじめますよってダサい》《あなたから学ぶことは何もない》《不快なので出てこないで》などかなり辛辣だ。

「コロナ感染について全てをさらけ出そうという石田の意気込みが窺えますが、随所に『言いたいことはいっぱいある』、緊急事態中に沖縄に出向いたことについても『仕事だから不要不急ではない』など弁明の発言が見られ、これが“反省していない”とも捉えられたようです。また、今後どんな動画をアップしていきたいかの話でも、『恋愛について』などと言い、モテたい男性はこうあるべきとツラツラと持論を述べ始め、かつて“不貞は文化”などと自身満々で言い放っていたかつての石田を思い出した視聴者も多かったようです」(前出・ネットウオッチャー)

 洒落っ気に固執するのではなく、いっそのこと罰ゲーム動画を投稿し続けた方がイメージは好転するかもしれない?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇