女子アナ

早くも予兆?大江麻理子、報ステ・森川夕貴“Eバスト”に挑む“デルタ美脚”

 1月25日、テレビ東京が「ワールドビジネスサテライト」(WBS)の番組改編会見をリモートで行った。

「WBS」は、3月29日から放送開始時間を現在の23時から22時に1時間繰り上げ、引き続き大江麻理子アナがメインキャスターを担当する一方、佐々木明子アナが加わるなど新体制で臨む。

 18日から「WBS」では、出演者のマスク着用を義務化し話題となっているが、会見にもしっかりマスクを着け登場した大江アナは、「(コロナで)生活様式は変わりますが、しなやかに皆さんに寄り添った報道を心がけたい」と意気込みを語っている。

「大江アナは白のワンピースに薄ピンクのジャケット姿で着席し、言葉を選びながら丁寧に質問への受け答えをしていましたが、注目されたのはそのワンピ─スの丈の短さです。なかなかの美脚の披露具合で、両脚とスカートの狭間にできたデルタゾーンに思わず目を奪われてしまいましたね。そんなところからも、彼女の改編後への意気込みが十分に伝わってきました」(女子アナウオッチャー)

 22時スタートへの移動にともない、注目されるのが同じ時間帯となるテレビ朝日系の「報道ステーション」との激突の行方。否が応でも両者による女子アナ対決は注目を浴びることになるだろう。

「残念ながら『報ステ』で月曜日から水曜日のメインを務めるフリーアナの徳永有美は、その人気度からいって大江アナに完敗してしまいますが、良い勝負になりそうなのが木曜日のメインを担当する森川夕貴アナです。毎回、彼女の胸の膨らみを強調した衣装はファンの間で話題になっており、大江アナのミニスカ美脚VS森川アナの推定Eカップバストの激突は、今から楽しみです」(前出・女子アナウオッチャー)

 とはいえ現時点での視聴率は「報ステ」が「WBS」に大差をつけ圧勝している状態。大江アナにはしなやかかつ、グイグイ攻めて欲しいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり
4
渡辺明王将が藤井聡太竜王に“勝てない”理由とは?
5
石橋貴明、ノッチを二度目の餌食にした「早朝バリカン」動画に改めての冷めた声