スポーツ

日本代表のエース・大迫勇也が陥っていた「ハンパないピンチ」とは!?

 ドイツ・ブンデスリーガのブレーメンに所属する、日本代表のFW大迫勇也がピンチに陥っていた。

 今シーズンは開幕からノーゴール(2月8日現在)と不調が続き、SNS上でサポーターから大ブーイングを浴びているのだ。

「チームの順位は降格圏争いは避けられていますが、得点の少なさは深刻です。大迫自身も精彩を欠いた動きに途中交代が目立ち、シーズン前に期待が大きかったぶん、サポーターの怒りのホコ先が大迫に集中。1月にはリフレッシュさせるために監督が招集メンバーから外し、『私は彼を大事にしている』とフォローしていました」(サッカーライター)

 試合ごとに過熱する大迫への集中砲火のバッシングを見かねて、ブレーメンに所属していた元オーストリア代表DFが「問題を抱えているのは彼だけではない」と苦言を呈するなど、騒ぎは場外戦に飛び火している。

「かつてドイツのハンブルガーSVに所属していたDF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)が一部昇格を逃した戦犯扱いをされて、試合中にボールをトラップするたびにサポーターから指笛を鳴らされたり、怒号のようなヤジが飛び、退団するまで『標的』になりました。大迫も2月1日までの冬の移籍期間にJリーグ復帰がドイツのメディアを賑わせましたが、そのまま残留。ただ、シーズン終了後の去就は不透明です」(前出・サッカーライター)

 かつて経験したことがない「半端ない状況」をゴール量産で見返してほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…