芸能

和田アキ子、島田秀平が1年後に感謝した「2つのことをやってみろ」助言が深い!

 タレント・手相占い師の島田秀平。もとは相方の赤岡典明とお笑いコンビ「号泣」を組んでいたが、若手漫才師が1つの目標に掲げる「M-1グランプリ」で決勝進出することができず、赤岡が事務所を退所したことから2008年に解散している。

 その島田がみずからのYouTubeチャンネル〈島田秀平のお開運巡り〉でコンビ解散当時は芸人をあきらめる覚悟もしたことを振り返っているが、「事務所の先輩」であり、歌手でタレントの和田アキ子の助言により、現在の自分を築くことができたことを明かしている。

 3月16日付けの〈【救われた言葉】島田の恩師『島田秀平のお開運巡り』〉というタイトルの投稿回によれば、“最後の挨拶”にと和田のもとに赴いた島田に、和田は、「せっかく10年間も頑張ってきたのだから、あと1年だけ頑張ってみたらどうだ」と励ましの言葉をかけたという。そして、「芸能界、1つのことだと飽きられてしまうから、島田、2つのことを何か頑張って突き詰めてやってみろ」と助言をしたそうだ。それを受けて島田は、趣味でやっていた手相占いと好きだった怪談話や都市伝説を徹底的に学習。そして、少しずつオファーを受けるようになったという。

 1年後の新年会で和田に報告すると、和田は「島田、見とったぞ、2つ頑張ったね。おめでとう!」と島田にねぎらいの言葉をかけ、それまで宛名のないお年玉はもらっていたものの、初めて〈島田秀平様へ〉と名前入りのお年玉を、和田から受け取ったといった心温まるエピソードを明かしたのだった。

 島田は、同チャンネルより先にYouTubeチャンネル〈島田秀平のお怪談巡り〉を開設しており、チャンネル登録者は約24万人を数えている。「2つの成功」が和田の助言であったとは…感慨深い話であった。

 余談だが、お笑いコンビ「号泣」は昨年、再結成している。決勝進出はならずとも、「M-1グランプリ」に10年以上のブランクを経て挑戦し、準々決勝に進出したことを加えておきたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」