芸能

美女アナ「フェロモンパーツ」選手権(3)腹筋がバキバキな日テレ・忽滑谷こころ

 さて、これまでとはひと味違った趣で最強パーツ女王の称号を手にしたのは、日本テレビの新人・忽滑谷(ぬかりや)こころアナ(23)だ。日テレ関係者が、

「全社員の中で、最強のアスリートボディですよ」

 と断じるように、学生時代にラクロスに打ち込んでいたことで知られている。しかも、

「ジャンル問わずスポーツ万能で、現在も100メートルを13秒台で走る、脅威の運動能力の持ち主。局内では『日テレの武井壮』と呼ばれていますね」(日テレ関係者)

 そんな彼女のボディで突出しているのが、バキバキの腹筋なのだ。

「触らせてもらった女性同僚が『岩みたいに硬かった』と驚いた、完璧なシックスパック。全く贅肉がなく、体脂肪率の低さでも局内随一だと思いますよ」(情報番組スタッフ)

 目下、「腹筋女子アナ」は増加中というが、

「5年来、ジムで腹筋を重点的に鍛えている加藤綾子(35)や、ダイエット動画企画で『地獄の腹筋トレーニング』を行っているテレビ朝日の三谷紬アナ(26)など腹筋トレに取り組む女子アナは多い。フジテレビの宮司愛海アナ(29)は、2年前から始めて肉体改造に目覚め、今ではキックボクシングジムに通うようにもなりました」(構成作家)

 アサ芸ならではの下半身ネタでは、TBS・良原安美アナ(25)が昨年、BS-TBSの「スイモクチャンネル」でダンスを披露した際、ピチピチすぎるズボンを穿いていたせいで、とんでもないパーツがクローズアップされたことがある。

「あまりにも立派な『股間のドテ』が露わになったんです。昨年、宇賀なつみ(34)が、厚生労働省が制作した『自宅トレーニング動画』で開脚スクワットを披露した際も『ドテがデカい』と話題に。しかし良原アナのドテは、その1.5倍ほどのボリューム感がありましたね」(構成作家)

「ドテ部門」の頂点に君臨すべく、恥ずかしさをいとわず披露する勇気に拍手を送りたい。

 この他のパーツを巡るバトルもすこぶるヒートアップしているといい、春山氏はいずれ劣らぬ悩殺美女の名前を挙げた。

「『軟乳No.1』の座を激しく争っているのが、フジテレビの渡邊渚アナ(23)とテレビ東京・森香澄アナ(25)。『ムチムチ二の腕部門』では、日本テレビの水卜麻美アナ(33)、滝菜月アナ(27)、尾崎里紗アナ(28)が共通の二の腕トレーニングを実施し、三つ巴の大乱戦を繰り広げている状況です。女子アナにとって『勝負パーツ』の鍛錬は、存在感を発揮するために必須だと言えます」

 各部門の女王たちに挑む、新たな「挑戦者」が続々、登場することだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン