女子アナ

岡副麻希、「食い込み下腹部見せつけ」“激艶アピール”も「狙いすぎ」の声

 インスタグラムで大胆な艶ショットを連発しているフリーアナの岡副麻希だが、さすがに今回はやりすぎてしまったのかもしれない…という反響があった。3月22日の投稿に「艶っぽくていい」という声と同時に「あざとい」「狙いすぎ」との声が上がっている。

 問題の写真は薄手のニットにショーパンの岡副が寝転び、足を持ち上げて体に引き寄せているショット。岡副がこれまでに同様の「おりたたみおかぞえさん」と名付けた写真を公開していて、今回は同じシリーズの写真になる。

「ショーパンなので大腿部がドーンとあらわになっています。男性ファンにしてみれば艶っぽさをアピールするような大胆なショットは大歓迎。『艶すぎるよ』『かわいい』と絶賛の声が上がりました。ですが、今回は少しやりすぎな気もしますね」(週刊誌記者)

 なにしろポーズは自身の下腹部を見せつけるかのよう。ショーパンはガッチリとボディに食い込み、うっすらとスジまで浮かび上がっている。

「何もここまでやらなくてもという意見があります。『狙いすぎで不愉快』『あざとさが透けて見えて萎えた』との声も出てしまっています」(前出・週刊誌記者)

 ただ、ファンとしては、そんな批判にがっかりすることなく、これからも攻めの姿勢で、大胆な写真を公開してほしいはずだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像