芸能

江口のりこ「主役を食う怪女優」の真髄(3)上り詰めた女版・大仁田厚

 やると決めたらとことん突き詰める信念が、今日の成功を導いたのだろう。そうした性格は、柄本ばかりでなく、支援者を増やす結果にもなっていたようだ。

「笑福亭鶴瓶もそんな一人ですね。自身が司会を務めるトーク番組『チマタの噺』(テレ東系)に、過去最高となる8度もゲストに呼ぶほどかわいがっています。江口も鶴瓶には遠慮なく『一人でこっそり、エロサイト見たりしないんですか』と切り込むほど打ち解けている」(平田氏)

 妥協なき下積み修行が実力と自信を育み、並行した人脈構築も「怪女優」の進撃を支えてきたのだろう。

 今回は連ドラの初主演が話題となっているが、映画での初主演は早かった。

 04年に公開された「月とチェリー」(「ラブコレクション」製作委員会)である。同作品では官能小説作家を演じ、大学の官能小説サークルに入ってきた男子学生の童貞を奪ってしまう。セックスシーンでは、やや小ぶりながら柔らかそうなおっぱいをさらけ出し、こともなげに騎乗位で激しく腰を振り続けるのだった。

「よく女優が濡れ場挑戦への意欲を聞かれた際の『そのシーンに必然性があったら』という常套句がありますが、江口は取り立てて他のシチュエーションと分けて考えてもいないようです。というのも、鬼気迫るほど肉欲を貪ろうとする、その役に心底入り込んでいる様子が伝わってきますからね。素の“江口のりこ”が顔を出して、艶技を恥ずかしがる余地すらないように思える」(平田氏)

 より過激なセックス描写が登場したのは「戦争と一人の女」(13年、ドッグシュガームービーズ)。秋本氏が解説する。

「第二次世界大戦の末期、絶望を感じて世情に背を向けた元娼婦と作家がやりまくるんです。昭和の女を感じさせる江口の顔立ちがリアルで、不感症という役のため、どこか冷めた表情で相手を受け入れるのですが、まさにエロスを発散させた熱演だった。肌は白く、脚のラインが美しかったのも印象的でした」

 他の男と寝たことを問い詰められるシーンでは「この淫売が!」と罵られて組み伏せられてしまう。上半身だけをちゃぶ台の上に投げ出されると、剥き出しの尻をベチンベチンと叩かれながら後背位で突き立てられるのだ。荒々しく犯されているのに「もっと、もっと‥‥」と懇願し、最後は首を絞められながら「もう少し、もう少しよ‥‥」と嗚咽し、ついにはイキ果てるのだった。

 劇中では、江口が焼け野原でヘアを剥き出しにしているシーンまである。

 こうしたハードな体当たり艶技ばかりか、時にコミカルに、時にシリアスに幅広く特異な演技に対応できるのは、女優を目指し実現させるまでの足跡同様、その生き様が反映されているのだろうか。

「確かに、思いがけない行動に走り出す突飛なところはあるようです。親友だという真木よう子がテレビ番組で暴露したところによれば、芸能人の元カレがDV男だったといいます。デート中に機嫌が悪くなり『ケータイを池に投げたら許したる』と言われ、江口は本当に池に投げ入れたそうです。ドM素顔という意外な引き出しも持ち合わせているのでしょう」(芸能記者)

 つくづく、ミステリアスで正体を掴ませない女優と言える。

 一方で、平田氏はこう評するのだ。

「小金を握りしめて勝負のため上京してきた江口の姿は、かつて全財産の5万円を元手にFMWを旗揚げした大仁田厚の立身出世物語と重なります。デスマッチという奇抜な方法論で支持を得て、ついには国会議員にまで上り詰めたんです」

 なるほど、江口も型にはまった王道を歩んだわけではなく、クセのある脇役から主役へと駆け上がっていった。くしくも、大臣の役まで務めることに。ただし大仁田と違って、江口が何度も引退することはあるまいが‥‥。

 秋本氏が語る。

「今は“江口バブル”と言える状況かもしれません。とはいえ、彼女の場合は、一時的なブレイクで露出し、その後は消えていく人たちとは違う。コンスタントに脇で活躍し、また主役を食ってしまうのでしょう」

 実に味のある女優なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張