芸能

葉月あや「人口260人の佐久島で育ちました」

●ゲスト:葉月あや(はづき・あや) 1991年、愛知県生まれ。14年、「日テレジェニック」でグランプリ受賞。その後、多くの雑誌の表紙やグラビアを飾る。19年に発売した2作目の写真集「BONNIE」(双葉社)は、バストトップと股間だけをテープで隠した衝撃的な表紙が話題に。初のフォトブック「private」がトランスワールドジャパンより、20枚目のDVD「秘密」が竹書房より発売中。

「日テレジェニック」でグランプリを受賞以降、多くの表紙やグラビアでGカップボディを披露してきた人気グラドル・葉月あや。三十路を目前に、さらに色気を増した彼女が天才テリーに迫る! 引退を考えた過去からグラビアに対する熱い思いまで、初出しトーク満載!

テリー これ、すごいね。プロフィールに「3歳でスノボを始めた」って書いてあるよ。

葉月 はい、スノボとサーフィンをやってました。親がもともと好きで、プロになってほしいみたいな。ちょうど今井メロさんとか成田童夢さんがすごい人気だった時期で。たぶん、そういうふうにさせたかったんだと思います。

テリー うまかったの?

葉月 スノボの大会は小学生の時に出たりしましたけど、メチャメチャうまいっていうほどではないです。

テリー 出身は愛知なんだね。名古屋?

葉月 いえ。佐久島っていう知多半島の下のほうにある島です。

テリー あ、だからサーフィンやってたのか。

葉月 そうです、そうです。素潜りも得意です。

テリー わぁ、野生児だな。人口は?

葉月 260人ぐらいです。

テリー 学校はあるの?

葉月 あります、たぶん1校だけ。

テリー その島でスノボはできたの?

葉月 愛知は雪が降らないので、長野まで行ってました。御嶽山っていうところだと、車で3時間ぐらいなんですけど、もっと雪の質がいい白馬になると、たしか車で4、5時間ぐらいはかかってたと思います。

テリー それはご両親が連れていってくれるの?

葉月 そうです。毎年、冬休みに入る時に行って、お正月明けまでいるみたいな。

テリー ほとんど冬休みは長野でスノボしてたんだ。

葉月 はい。

テリー きょうだいは?

葉月 弟がいます。

テリー ふーん、なんか優雅な家だね。お父さんは何してる人?

葉月 建築関係ですかね。自由業みたいな感じで。

テリー あ、元ヤンキーだろ。

葉月 アハハハ。どうなんだろう、わかんないですけど。すごい若い時の子供で、親が10代の時に生まれてます。

テリー ほら、絶対ヤンチャしてたタイプだよ。お母さんは?

葉月 母は、今は冠婚葬祭系の仕事をしています。母もスポーツができるので、一緒にやってました。

テリー いいねぇ、いい環境で育ってるな。

葉月 「何でも好きなことやりなさい」って、いろんなことを自由にやらせてくれる親でしたね。

テリー じゃあ、グラビアアイドルも全然反対されなかった?

葉月 そうですね。

テリー 何がきっかけでグラビアを始めたの?

葉月 私、もともとサーフィンがしたくてオーストラリアに留学しようと思ってたんですよ。で、歌舞伎町のマンガ喫茶でいろいろ調べてたら、画面にポーンとグラビアのDVDが出てきたんです。マンガ喫茶ってDVDも見られるじゃないですか。

テリー そうなんだ、俺、行ったことないけど。

葉月 で、その時に「これだ!」って。留学はいつでもできるけど、グラビアは今しかできないので。それでなりたいって思ったんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク