スポーツ

元巨人・清水隆行、開幕1軍デビュー「たまたまホームランの強運」を動画回顧!

 1996年は、日本プロ野球の巨人にとって奇跡的な年だった。首位を走る広島カープに最大11.5ゲーム差に離されたが、これを大逆転してリーグ優勝。当時の長嶋茂雄監督による「メークドラマ」といった造語も生み出された。この年、2人のルーキーの存在が大きかった。仁志敏久氏と清水隆行氏である。仁志氏は114試合に出場、7本塁打、109安打の活躍。清水氏も新人王こそ仁志氏に譲ったものの、107試合に出場、11本塁打、84安打と大活躍だった。

 そんな清水氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席〉に出演。96年の開幕1軍デビューは「運は間違いなくあったと思うんですよ」と「運」を強調した。4月10日付け〈【清水隆行】巨人次世代のスター候補は誰だ!【秋広・松原・平内・横川】〉と題した投稿回で、「このオープン戦が終わったら何人か落ちるっていうところにボク入ってたらしいんですよね」と、振り返る清水氏。しかし、その試合で「たまたまホームラン打ったんですよ。これが内野安打とかだったら予定通り落ちてたかもしれないけど…」と踏みとどまり、さらにオープン戦終盤、落合博満氏など主力選手が加わってくる中、スタメン予定だった外国人選手がケガで離脱。代わりに出場した清水氏が、当時「オリエント・エクスプレス」と称された西武ライオンズの郭泰源氏からホームランを放ち、開幕1軍が決まったというのだ。

「運も実力のうち」というが、若手の「運」が積み重なった結果、たどりついたのが「メークドラマ」だったのではないかとしみじみ思う興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫