スポーツ

元巨人・清水隆行、開幕1軍デビュー「たまたまホームランの強運」を動画回顧!

 1996年は、日本プロ野球の巨人にとって奇跡的な年だった。首位を走る広島カープに最大11.5ゲーム差に離されたが、これを大逆転してリーグ優勝。当時の長嶋茂雄監督による「メークドラマ」といった造語も生み出された。この年、2人のルーキーの存在が大きかった。仁志敏久氏と清水隆行氏である。仁志氏は114試合に出場、7本塁打、109安打の活躍。清水氏も新人王こそ仁志氏に譲ったものの、107試合に出場、11本塁打、84安打と大活躍だった。

 そんな清水氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席〉に出演。96年の開幕1軍デビューは「運は間違いなくあったと思うんですよ」と「運」を強調した。4月10日付け〈【清水隆行】巨人次世代のスター候補は誰だ!【秋広・松原・平内・横川】〉と題した投稿回で、「このオープン戦が終わったら何人か落ちるっていうところにボク入ってたらしいんですよね」と、振り返る清水氏。しかし、その試合で「たまたまホームラン打ったんですよ。これが内野安打とかだったら予定通り落ちてたかもしれないけど…」と踏みとどまり、さらにオープン戦終盤、落合博満氏など主力選手が加わってくる中、スタメン予定だった外国人選手がケガで離脱。代わりに出場した清水氏が、当時「オリエント・エクスプレス」と称された西武ライオンズの郭泰源氏からホームランを放ち、開幕1軍が決まったというのだ。

「運も実力のうち」というが、若手の「運」が積み重なった結果、たどりついたのが「メークドラマ」だったのではないかとしみじみ思う興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク