スポーツ

元巨人・清水隆行、開幕1軍デビュー「たまたまホームランの強運」を動画回顧!

 1996年は、日本プロ野球の巨人にとって奇跡的な年だった。首位を走る広島カープに最大11.5ゲーム差に離されたが、これを大逆転してリーグ優勝。当時の長嶋茂雄監督による「メークドラマ」といった造語も生み出された。この年、2人のルーキーの存在が大きかった。仁志敏久氏と清水隆行氏である。仁志氏は114試合に出場、7本塁打、109安打の活躍。清水氏も新人王こそ仁志氏に譲ったものの、107試合に出場、11本塁打、84安打と大活躍だった。

 そんな清水氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席〉に出演。96年の開幕1軍デビューは「運は間違いなくあったと思うんですよ」と「運」を強調した。4月10日付け〈【清水隆行】巨人次世代のスター候補は誰だ!【秋広・松原・平内・横川】〉と題した投稿回で、「このオープン戦が終わったら何人か落ちるっていうところにボク入ってたらしいんですよね」と、振り返る清水氏。しかし、その試合で「たまたまホームラン打ったんですよ。これが内野安打とかだったら予定通り落ちてたかもしれないけど…」と踏みとどまり、さらにオープン戦終盤、落合博満氏など主力選手が加わってくる中、スタメン予定だった外国人選手がケガで離脱。代わりに出場した清水氏が、当時「オリエント・エクスプレス」と称された西武ライオンズの郭泰源氏からホームランを放ち、開幕1軍が決まったというのだ。

「運も実力のうち」というが、若手の「運」が積み重なった結果、たどりついたのが「メークドラマ」だったのではないかとしみじみ思う興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」