スポーツ

「気持ちの整理が…」元巨人・川相昌弘、03年“引退撤回で中日移籍”心境とは

「青天の霹靂」と言えば、2003年シーズンオフ、原辰徳監督の突然の辞任を受けて、後継として巨人の監督に就任した堀内恒夫氏の記者会見での言葉であった。同席していた困惑の表情を隠せない原氏の隣で、「青天の霹靂。この時期に全く予想していなかったし、大変なことになったなと…」と堀内氏が複雑な心境を吐露していたのを思い出すが、この突然の監督交代劇は、原氏、堀内氏のみならず、この人の運命も左右してしまったようだ…。

 通算犠打533本の世界記録をマークした元プロ野球選手、川相昌弘氏である。川相氏は、03年に原監督から一軍内野守備・走塁コーチの要請を受けた。快諾した川相氏は、球団がお膳立てした引退試合にも出場したが、その直後に前出の「青天の霹靂会見」があったのだ。

 西武、巨人に籍を置いた元プロ野球選手、大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に川相氏が出演。4月9日付けの〈第五話【前代未聞】巨人で引退したのに、中日に入団した理由〉と題した回を観ると、原監督解任の後、しばらく球団から連絡がなかったものの、あらためて堀内新監督から二軍守備コーチの要請を受けたと語る川相氏。しかし原監督についていく気持ちが固まっていたことから、「気持ちの整理がつかなかった」と振り返る川相氏は引退を撤回。元チームメイトであった落合博満氏が監督に就任した中日の入団テストを受けて、移籍が決まった経緯がある。

 川相氏にとっても「青天の霹靂」だったようだが、もっとも川相氏には40歳まで内野手として現役を続けたいとの目標もあったようで、中日に移籍した04年に達成している。原監督との絆、さらに現役にこだわった川相氏に拍手を送りたくなる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏