スポーツ

長嶋監督“解任会見”「全て自分の責任」発言は“真逆の心境だった”衝撃真相

 1980年10月21日、長嶋茂雄監督の突然の監督解任会見が行われた。

 長嶋監督は74年シーズンオフに現役引退、75年から巨人の監督に就任したが、1年目は球団初の最下位。76年、77年はセ・リーグを制したが日本シリーズで阪急に2年連続で敗れ、その後、2位、5位、3位と優勝から遠ざかっていたことから、会見で長嶋監督は「3年間優勝が出来なかったのは、すべて自分の責任、男としてけじめをつける」と口にし、長嶋茂雄第一次政権の終幕となった。

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊Takagi Yutaka」の4月25日投稿回に、長嶋監督の長男である長嶋一茂氏が出演。その引退会見を振り返り、意外な真相を明かしている。

「僕が聞いてた親父の言葉と、あの時の記者会見とは全く真逆のことを喋ってたんですよ。(中略)全部自分の責任である…みたいな感じで確か監督辞めていったんだけど、本人はそんなこと全く思ってないですからね」と一茂氏。しかし、そんな父親を見て一茂氏は、「大人の社会ってこうなんだ」と驚きを覚えると共に、「男の散り際の美学」を学んだとも語ったのだった。

 中学で野球をやめていた一茂氏は、この騒動を受け、「自分が野球界に行ったら親父が辞めさせられた仇を取れるんじゃないかっていう…」と、復讐心にも似た思いで立教高校に進学し、野球を始めたことも明かしている。

 長嶋監督の本音もさることながら、父を思う一茂氏の熱い思いが伝わる感動的な回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫