芸能

杉咲花、「朝ドラからの『あさイチ』登場にMC大興奮」が物語る「スゴい演技力」

 博多華丸・大吉がMCを務める「あさイチ」(NHK)。

5月7日の放送では、ゲストに、NHK朝ドラ「おちょやん」のヒロイン・千代役の杉咲花が登場した。

「あさイチ」のオープニングでは、MCによる朝ドラ受けのコメントが定番となっているだけに、7日の放送を受けてすぐに現れた杉咲に華丸・大吉は興奮気味だった。

「『おちょやん』は今週はラストに向けて、ヒロインの40代を描いていますから、実年齢で23歳の女優・杉咲花として登場したのを見て、『さすが役者さん』『若返りだね』『こんな可憐な少女が成り代わってたんですね』とふたりして、感動していました」(エンタメ誌ライター)

 華丸・大吉は、芸人らしく「どっちが演技なんだ?」「あっちが演技だって!」などというボケつっこみで興奮を表現していたが、視聴者からのリアクションも華丸・大吉と同様、その演技力には称賛が集まっていたようだ。

「『おちょやん』は朝ドラとしては、平均視聴率がやや低いと言われてきましたが、一貫して主演の杉咲の演技の素晴らしさが指摘されていました。一般的に、実年齢より老けた役では、老けメイクが不自然で違和感があったり、メイクが自然でも年齢を積んだだけの経験や落ち着き・貫禄が身についておらず、セリフが空回りしてしまうことも多く、役者にとっては、本当に大変なことなんです。杉咲演じる千代は、老けメイクにしなかったため、数年後の場面に変わった当初は、“転換が急すぎて、あまり変わらない“という声もあったものの、劇中劇のお母ちゃん役や40代の役柄の好演でその声はすぐに消えてしまいました。見た目は若いのに、経験を積んだ女性のどっしり感というか、年輪を経た女性ならではの肝の据わった感じというか、そんな安定感が演技から感じられましたね」(前出・エンタメ誌のライター)

「おちょやん」を見終わってすぐのヒロイン登場は対比が鮮明で、あまりの違いに、華丸・大吉が感動、興奮するのも、もっともといえるだろう。

 視聴率は今ひとつふるわなくても、「おちょやん」ではダメ父(テルヲ)を演じたトータス松本氏や不貞離婚となった夫(一平)を演じた成田凌氏が視聴者から憎まれるという現象が起きて「テルヲ憎んで、トータス憎まず。一平憎んで成田憎まず」という言葉がネットで流行したり、ヒロインを追い出す継母を演じた、宮沢喜一元総理大臣の孫・宮澤エマが憎まれたり、と朝ドラ役者にとってはある意味、「役者冥利につきる」視聴者からの反響の大きい作品となったようだ。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判