芸能

長嶋一茂、プロ入りして直接対決したかった“あこがれの怪物”とは?

 平成生まれの方には、聞いたことはあっても現実に観戦したことはないのが、「後楽園球場」である。1937年9月に開場したこの後楽園球場は、87年11月に閉場。50年の歴史に幕を閉じ、現在は「東京ドーム」に姿を変えている。

 ところで、この87年は「昭和の怪物」の異名も取った、元プロ野球選手であり、巨人で活躍した江川卓氏が引退し、9年間のプロ野球人生にピリオドを打つ年でもあったのだが、これに歯噛みして悔しがる人がいた。ヤクルト、巨人に籍を置いた元プロ野球選手・長嶋一茂氏だ。

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル〈高木豊Takagi Yutaka〉に4月25日に〈【初告白】長嶋茂雄の息子で苦労した事は何ですか!?一茂さんに聞いてみた。〉とタイトルした投稿回に一茂氏が出演。こう語っていたのだ。

「プロになりたい理由の1つってね、江川さんと対決したかったっていうのが、すっごいあった」

 何でも、自身が中学生の頃から、江川氏を特集した雑誌を見つけると必ず買い、江川氏と同じメーカーのグローブを使用する…などと江川氏にあこがれのまなざしを向けていたという一茂氏。しかし、一茂氏がヤクルトスワローズからドラフト1位指名を受けたのは、同じく87年。惜しくも対戦の夢は叶わなかったのだ。

 後年、一茂氏は江川氏に会うたびに「江川さんと対決したくて、プロに入ったんですよ。何で辞めたんですか?」と質していたそうだが、江川氏は笑顔を返すのみだったと言う。

 セ・リーグ最長タイ記録の最多勝利2度など数々のタイトルに輝いた成績だけを見れば江川氏に分があるだろうが、勝負は下駄を履くまでわからない。“叶わなかった夢の対決”に思いを馳せる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身