芸能

長嶋一茂、プロ入りして直接対決したかった“あこがれの怪物”とは?

 平成生まれの方には、聞いたことはあっても現実に観戦したことはないのが、「後楽園球場」である。1937年9月に開場したこの後楽園球場は、87年11月に閉場。50年の歴史に幕を閉じ、現在は「東京ドーム」に姿を変えている。

 ところで、この87年は「昭和の怪物」の異名も取った、元プロ野球選手であり、巨人で活躍した江川卓氏が引退し、9年間のプロ野球人生にピリオドを打つ年でもあったのだが、これに歯噛みして悔しがる人がいた。ヤクルト、巨人に籍を置いた元プロ野球選手・長嶋一茂氏だ。

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル〈高木豊Takagi Yutaka〉に4月25日に〈【初告白】長嶋茂雄の息子で苦労した事は何ですか!?一茂さんに聞いてみた。〉とタイトルした投稿回に一茂氏が出演。こう語っていたのだ。

「プロになりたい理由の1つってね、江川さんと対決したかったっていうのが、すっごいあった」

 何でも、自身が中学生の頃から、江川氏を特集した雑誌を見つけると必ず買い、江川氏と同じメーカーのグローブを使用する…などと江川氏にあこがれのまなざしを向けていたという一茂氏。しかし、一茂氏がヤクルトスワローズからドラフト1位指名を受けたのは、同じく87年。惜しくも対戦の夢は叶わなかったのだ。

 後年、一茂氏は江川氏に会うたびに「江川さんと対決したくて、プロに入ったんですよ。何で辞めたんですか?」と質していたそうだが、江川氏は笑顔を返すのみだったと言う。

 セ・リーグ最長タイ記録の最多勝利2度など数々のタイトルに輝いた成績だけを見れば江川氏に分があるだろうが、勝負は下駄を履くまでわからない。“叶わなかった夢の対決”に思いを馳せる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」