芸能

「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!

 紅白、レコ大、ベストテン、トップテン、夜ヒットと、生放送の歌番組には、多くの視聴者が、あ然とした「放送事故」があった。語るのは「シブがき隊」の布川敏和だ。85年の紅白で、吉川晃司がステージにまき散らしたシャンパンのせいで2度も転倒してしまったのだが─、

「あの頃、吉川晃司とよく六本木で遊んでいたんですよ。で、晃司と2人で『今度の紅白、誰もやらないことをやっちまおうぜ』と作戦を立てたんです。まず晃司が登場時に口に含んだシャンパンをぶちまけて、あげくジッポのオイルでギターを燃やしたんです。俺たちはオイルのせいで転びそうになるのを踏ん張って踊りましたが、俺は『これは使えるぞ』と、わざと2回大げさに転びました」

 ただし、吉川は長らくNHKに出禁になってしまった。日本テレビの「ザ・トップテン」も渋谷公会堂から生中継が多かったが、常連だった中森明菜の登場時に「帰れ」のコールが。司会の堺正章が「あれはダメですね」と憤慨している。

 フジテレビの「夜のヒットスタジオ」では、最後の司会だった加賀まりこが炎上上等の言いたい放題。プリンセスプリンセスの奥居香には「あなたブタね。生理中じゃないの?」と言い、デビュー間もない酒井法子には「キャバに行ったら1番になれる」と言い放つ。

 5月18日発売の「週刊アサヒ芸能」5月27日号では、ほかにもMステの「t.A.T.oドタキャン事件」や、忌野清志郎の「放送禁止用語事件」など、歴史的な放送事故を40連弾で網羅している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
すみれ、出産の準備は万端!「ヘアー」も「バスト」も“完璧な仕上がり”に