スポーツ

白鵬「同時進行相撲マンガ」、宮城野部屋入りは「強運の星」が導いた!

 大好評連載中の同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第3番で、いよいよ舞台は大阪から東京へ─。

「訪日相撲体験ツアー」に参加したものの、少年ダヴァ(少年時代の白鵬・15歳)には、どこの相撲部屋からも声がかからず、失意の内に、モンゴルへの帰国寸前の身であった。そのダヴァの「運命の臼」を回したのは、2000年当時の相撲界で「技のデパート モンゴル支店」と言われ大人気だった旭鷲山その人。

「彼(旭鷲山)はモンゴルの横綱から預かった私をどの相撲部屋からも相手にされないまま、モンゴルに帰すことに忍びなかったんです」(白鵬)

 モンゴルの横綱とは、即ち、白鵬翔の父、ジクジドゥ・ムンフバト。モンゴル相撲の大横綱にして、モンゴル人初の五輪メダリスト(レスリング)である国民的英雄である。「このままモンゴルの横綱の息子をモンゴルに帰したら、私たちは二度とモンゴルの地を踏めなくなる」との悲壮な決意のもと、旭鷲山は師匠である大島親方(元大関・旭國)に直談判。急転直下、宮城野部屋への入門が決まるのである。その瞬間、当時日本語が話せなかった白鵬は、モンゴル語ではなく小さい頃から習っていた英語で、

「 I don’t want to go back! (帰りたくない!)」と叫んだ。あこがれの日本で相撲をとれるようになったダヴァは涙を流して喜んだのであった。

 白鵬翔を導いたのは、いくつもの重なり合った偶然と幸運の縁(えにし)。そして、生まれついての「強運の星」が“扉”をこじ開けたのである。2000年12月23日、世の中がクリスマス前で浮かれる中、少年ダヴァを乗せて新幹線は、一路、クリスマス前で浮かれる東京へと向かう。その車中で、改めためて「強運の星」に導かれたことを時間するダヴァだった─。

 白鵬翔本人の監修、作画・山崎享祐でお届けする本邦初のライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第3番「強運の星」は、5月18日発売の「週刊アサヒ芸能」5月27日号に掲載。連載いよいよ快調! はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」