芸能

松田聖子、今ではありえない!「ザ・ベストテン」伝説のトラブル

 1984年に発売した「時間の国のアリス~Alice in the world of time ~」を新たにアレンジし、6月2日に配信リリースした松田聖子。

 YouTubeでは松田自身が監督・主演を務めた同曲のミュージックビデオを公開中。そこではカラフルな衣装を身にまとった8人の松田が、それぞれボーカル、コーラス、ギター、ベース、キーボード、ドラムを担当し、バンドでのパフォーマンスを披露している。

 37年ぶりのセルフカバーとなった同曲は、コンサートでの定番曲でもある。松田は「私にとって青春時代であるキラキラした80年代の楽曲なので、その年代を思い出すことができる、ドキドキワクワクするような仕上がりになったらいいなと思いました」とコメントしている。

 ところで松田といえば、アイドル全盛期のトップアイドル。当時の人気ぶりは凄まじく、TBS 系音楽番組「ザ・ベストテン」の生中継でもいくつかの伝説を残している。

「1980年8月、松田はセカンドシングルの『青い珊瑚礁』が8位にランクインし、『ザ・ベストテン』に初登場。札幌で仕事を終えた松田は飛行機で東京へ戻る予定だったため、番組プロデューサーはランキング発表の直後にカメラを羽田空港に切り替え、到着したばかりの全日空機から松田がタラップを降りて滑走路上で歌うことを考案。当日、風の影響で羽田到着が5分早まることになったが、なんとプロデューサーが全日空の広報にスピードを落としてもらうように懇願。広報から連絡を受けた機長がなんとか定刻通りに到着させ、無事、狙い通りに放送されたそうです」とはエンタメ誌ライター。

「さらに翌年3月には、東海道新幹線の静岡駅のプラットホーム上から生中継出演。移動中の松田が駅に到着した新幹線から降りると、すぐにイヤーモニターを付けて『チェリーブラッサム』を歌唱。終盤、電車の発車時間が迫り、ワイヤレスマイクを持ったまま車内に戻りそのまま歌い続けました。84年4月に『Rock’n Rouge』でランクイン。甲子園駅を発車した走行中の阪神電車から中継しましたが、冒頭で松田が『今から梅田に向かいます』 と言ったため、大阪梅田駅にファンは殺到。そのため松田は手前の尼崎駅で降りたという話もあります」(前出・エンタメ誌ライター)

 現在の歌番組ではありえない話だが、いい時代だった。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判