スポーツ

江夏豊、あの伝説の試合で「ふざけるな!」激怒した「自陣の動き」動画で回顧

「江夏の21球」とは、1979年の日本シリーズで、広島カープと近鉄バファローズの互いに譲らぬ第7戦目における、広島・江夏豊氏の9回に投じた球数「21」を差し、これにより広島は日本一に輝き、後に作家の故・山際淳司氏が「江夏の21球」という短編ノンフィクションを書き記し、プロ野球屈指の名場面として語り継がれている。

 日本プロ野球名球会が運営する公式のYouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉に、6月6日付けで〈【衣笠祥雄と江夏の21球】広島カープ 江夏豊×近鉄バファローズ 鈴木啓示 明暗を分けたあの試合をいま振り返る<日本プロ野球名球会>〉と題して公開された投稿回に江夏氏が出演。実はノーアウト満塁のピンチを迎えた9回、自陣のある行為に怒り心頭であったことを明かした。「同点よりも、サヨナラ負け…1点で止めるのは難しいだろうなという思いでマウンド上におったんですよ」と、満塁時のピンチを振り返った、その江夏氏の目に飛び込んだのは、控え投手が投球練習を開始しているブルペンだったという。

「ふざけるな!何を考えてるんだ!オレを代えて誰をマウンドに上げるんだと…。もうそれを思い出すと心の中から練炭が燃えているようで」と当時の心境を語った江夏氏。その心情をおもんぱかり、ファーストを守る故・衣笠祥雄氏から「お前しかいないんだから、よそ見しないで前向いて投げろ」と、練炭の火を消してもらったとも語る江夏氏だった。

 偉業を成し遂げた人には、後で思えば奇跡的だったと感じる事象があるものだ。広島ブルペンの投手陣、さらには衣笠氏の思いやりのある言葉も。どれも今となっては、「江夏の21球」を盛り上げる“奇跡の一つ一つ”だったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」