スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/立て直しを図る松浦がGI連覇

【岸和田「高松宮記念杯」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎松浦悠士/○郡司浩平/▲古性優作/△平原康多/佐藤慎太郎/守澤大志/深谷知広/新山響平/清水裕友/村上義弘/稲川翔/山崎賢人

 GI戦は恐れを知らぬ若武者が売り出す、まさに晴れ舞台でもある。

 今年のGI第3弾となる岸和田「高松宮記念杯」(6月17日【木】~20日【日】)。準決勝までは東西に分かれて行われる唯一の特別戦だけに、連係することもある選手同士が別線になれば、どう戦うのかも見ものになりそうだ。

 本命には総合力最上位の松浦悠士を推す。前走の別府記念決勝戦(【9】着)は、いい薬になった。休みなく戦ってきたからで、1週間の間隔があれば必ず立て直してくる。清水裕友との黄金コンビで、ダービーに続くGI連覇を飾るとみた。

 郡司浩平も差はない。松浦とマッチアップした別府記念(【2】着)は、勝ちに等しいレース内容だった。深谷知広が勝ち上がれば絶好の番手。逆転もある。あとは地元戦となる古性優作と、実力者の平原康多の巻き返しに期待する。

 44歳の佐藤慎太郎が追い込み一本でバンクを沸かせている。道中、ムダに脚を使わず直線にかけるのは、まさにベテランの技。印は回らなかったが、2、3着には押さえておきたい。

 117期2班の山口拳矢(岐阜)が、いよいよ大舞台に登場する。グランプリを2度制した父、山口幸二さん(引退)譲りの勝負師は、別府記念(【1】【1】【2】【8】)の準決勝と決勝で先行し、松浦に先着した。ここで大暴れするようなら一気に全国区の選手になる。

 伏兵の1人目は、東の準決勝進出も期待できる鈴木庸之(新潟・92期)。ここではわずか9人しかいない2班だが、戦歴は1班に見劣りしない。しかも7月には1班に返り咲く。平原としばしば連係しているように、関東ラインの核になる1人。予選は1、2着で狙いたい。東西の混合戦でおもしろいのが坂井洋(栃木・115期)。川崎全日本選抜2日目の2着、京王閣ダービー1走目と4走目の3着は万車券になっている。ゴール前はよく粘るからで、逃げ切れば高配当は必至だ。

 有力候補に1人もあげられなかった劣勢の中部勢の中で、皿屋豊(三重・111期)が頑張っている。まくり頼りなのは気になるものの、展開がハマれば突き抜けがある。

 山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは