エンタメ

決定!珍語・裏流行語大賞2013(2)政治・スポーツ部門

 政治・スポーツ部門の裏フレーズを総括しよう。

「お偉方の失言では見るべきものが多かった。政治では麻生太郎副総理(73)の『ナチスの手口を学んではどうか』とか、プロ野球では統一球問題での加藤良三コミッショナー(72)の『不祥事とは思わない』などは本家でも推したかったくらいです」(やく氏)

 他にも、

「PL学園といえば伝統ですから、暴力は」(清原和博)

「もう母になりました」(安藤美姫)

「お前なんか柔道やってなかったらただのブタだ」(女子柔道・園田隆二監督)

 など、振り切った発言が騒動を呼んだが、

「不倫騒動では昨年不倫騒動が発覚した巨人・原辰徳監督よりも阪神・和田豊監督の『奈々!俺にもチュッは?』のほうがユニークでいい。とはいえ、DeNA中畑清監督の『股間を見せつけることが一流選手への第一歩』は、この裏流行語大賞を狙ったのなら別ですが、完全に空振りでしょうね」(やく氏)

 はたして、契約の切れる前に逆転本塁打を放つことができるか?

「政治では相変わらず失言が多いけど、麻生さんは存在自体が『歩く失言』みたいなものでしょ。ちょっと意外性が少なすぎるよ。橋下徹市長(49)だって昨年はコスプレ不倫の会見で『娘に制服着ろと言えなくなった』とかギャグが冴えてたのに真面目に反応しすぎ。『もっと風俗を活用』だって『風力』を活用してとアドバイスしたかのようにエネルギー問題にすり替えればよかったのにね」(デーブ氏)

 1年前に比べ急速に衰える発信力が危ぶまれる。

「むしろ気になったのが前園真聖(40)の『どろよい』発言です。これに相通じるのは『御宸襟〈しんきん〉』という言葉で天皇陛下に謝罪した山本太郎(38)です。どちらも自分のボキャブラリーではなく、いかにも他人に教えてもらった言葉をそのまま使って謝り、墓穴を掘っている点が共通している気がします」(やく氏)

 そんな格落ち発言よりもトンガっていたのが、安倍晋三総理(59)の「コントロールされている」だ。

「安倍さんは英語で『アンダーコントロール』と言ったんですけど、直訳すると『コントロール以下』だからとても正直でいいんじゃない。個人的には猪瀬直樹都知事(66)の『ダイナミック!』。ズレ方が最高だよね。せっかくの身ぶり付きなのにイントネーションが間違いだらけ。忘年会でマネすればウケること間違いナシでしょ」

 英会話で苦労しているサラリーマンが、下には下がいると勇気づけられるかも。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!