スポーツ

落合VS星野「“鉄拳抗争27年”の犬猿タブーを暴露公開」(3)両者に決定的な亀裂が走ったのはあの“北京五輪”

 落合氏と星野監督が出演した番組は「たけし・所のドラキュラが狙ってる」(TBS系)。ビートたけしと所ジョージがW司会のトークバラエティである。この番組にはゲスト出演者がウソ発見器にかけられる「ドラキュラ裁判」なる名物コーナーがあった。これに出演した星野監督が体に電極をつけられて椅子に座る。呼吸や脈拍の乱れ、発汗などを感知した機械が、地震計のように針を左右に動かし、ウソを申告するというアレである。

 たけしと所が「全て『いいえ』でお答えください」と質問を始めるのだが、途中で突然、過去のVTRが流れる。星野監督以前の93年に落合氏がこの番組に出演した際の「ドラキュラ裁判」映像だった。

「グラウンドに嫌なやつがいる」と質問され、落合氏は「いいえ」。するとウソ発見器の針が左右に大きく振れ、スタジオから笑いが起こる。さらに「星野監督が嫌いだ」と畳みかけられ、再び「いいえ」と答えると、針の触れは最大になった。落合氏は大笑いし、所が「嫌いみたいですねー」とニンマリ。

 ここでVTRが終わり、スタジオに戻ると、今度は星野監督に質問が浴びせられた。

「それではおうかがいいたします。落合が嫌いだ」

 星野監督が「いいえ」と言うや否や針は左右に大きく動き、星野監督は苦笑い。

「落合のカミさんはもっと嫌いだ」

「いいえ」

 しかし、針はさらに激しく、最大限に振り切ったのだった。こうした質問は恐らく、番組スタッフの事前調査で判明した「事実」を反映してのものなのだろう。

 こうした両者の関係に決定的な亀裂が入ったのは、08年夏の北京五輪直後。03年に阪神監督を勇退していた星野監督が率いた日本代表チームには、落合監督率いる中日から岩瀬仁紀(39)、川上憲伸(38)、荒木雅博(36)、森野将彦(35)の4人が参加した。ここでの星野采配が、シーズン中に選手を預けた落合氏の逆鱗に触れたのだ。スポーツライターが言う。

「投球が気に入らないからといって、川上は星野監督に殴られています。岩瀬も回またぎ登板などで酷使されてボコボコに打たれたあげくに戦犯扱いされて、ボロボロの状態で帰ってきた。エースと守護神がさんざんな目にあい、ペナントレースに復帰しても立ち直るのに時間がかかりました。2人とも戻ってきてから1週間ぐらいは休んでいます。この年、中日はV逸し、3位に終わりました」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
2
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
3
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
4
「杉本会長にメロメロ」深田恭子が“体力増強”手作り餃子を振るまっている!?
5
坂口杏里、「鼻にヒアルロン酸」も一斉に突っ込まれてしまった「そこじゃない」!