女子アナ

元NHK青山祐子、9年ぶり地上波登場も“違う意味での伝説のアナ”の声!

 元NHKアナウンサーの青山祐子が7月7日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に中継で出演。9年ぶりの地上波登場を果たした。

 青山は1995年にNHKに入局。NHK時代は五輪キャスターを5大会以上務めるなど、スポーツキャスターとして活躍。番組オープニングでも「『サタデースポーツ』で有働アナの後任 伝説のNHKアナが地上波9年ぶりに登場」と、青山を持ち上げていた。

 そんな青山は夫の仕事の関係で4人の子どもと香港に住んでいるため、同地からの中継で登場。スタジオにいたNHK時代の後輩で現在フリーアナの神田愛花との思い出について聞かれると、神田を連れて、合コンに行ったことを振り返り、「神田さんがすごい楽しそうに、安室奈美恵ちゃんの曲に乗って、そこで初めて出会った男性と揺れていたので、遠目に見ながら、『(男性に)持って帰られないかな』って心配しながら見ていました」と暴露し、神田を動揺させていた。

 その後、青山はいい情報を仕入れるために会食に積極的に参加していたなどNHK時代の仕事ぶりを明かしたり、リビングからも海を見渡せる豪華な自宅マンションを自身でリポート。さらに、英語、起業家精神、リーダーシップなどを学び、世界で戦える人材を育てる学校を来年春に福岡に設立予定であることも明かされていた。

 ママでありながらも、大規模なプロジェクトにも取り組み、仕事にも熱心な一面も取り上げられた青山だが、世間からは「育児休暇を取りまくった”伝説のアナウンサー”ですよね」「そんな後輩の暴露話よりも育児休暇について語ってもらいたい」といった辛辣な呆れ声が上がっている。

「青山アナは12年1月に産休を取得すると5年間に4子を授かり、約7年も産休と育休を取り続けるも、結局、現場復帰することなく、19年3月に退局したことで大炎上。昨年3月には『深層NEWS』(BS日テレ)にコメンテーターと出演し、『ときどき(日本に)帰ってきた時に仕事ができればなぁ…』と悠々自適なコメントを残し、物議を醸しました。昨年5月にYouTubeで絵本の読み聞かせ動画をアップしましたが、低評価が多く不評だったようですね」(エンタメ誌ライター)

 そんな状況下で今回、地上波出演を決めるというある意味“強靭な”メンタルが、今後の活動に向けての武器になっていくのかもしれない。

(権田力也)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話