芸能

「無観客」東京五輪“裏”ガイド<女子アナすり寄り作戦>(3)TBS・野村彩也子は父娘タッグも?

 局内の熾烈な競争を勝ち抜いたのは、テレビ東京の竹崎由佳アナ(28)だ。

「17年に、関西テレビから新卒枠で移籍してきた苦労人です。同じく移籍組の福田典子アナ(30)や、昨年フリーに転身した鷲見玲奈(31)などの強力なライバルを押しのけて、地上波の五輪キャスターの座を射止めました」(丸山氏)

 そんな竹崎アナの“ケツ意”がうかがえるのが、6月25日に、テレ東が運営するユーチューブチャンネル「テレビ東京スポーツ」に投稿されたボルダリング動画である。

「ピチピチのスポーツウェアでサービスショットの連続でした。『無理なんですけど‥‥』と息を荒くして壁にへばりつく姿は、見ようによっては行為中の四つん這いそのもの。竹崎アナ本人が編集したらしく、自身のチャームポイントの桃尻を余すことなく楽しめる作りでした」(構成作家)

 スポーツクライミングの中継に向けてツカミはバッチリ。その一方で、打算的な一面もチラホラ。

「流出した後輩アナたちの盗聴音声でも指摘されていたように、『五輪後にテレ東退社』が既定路線。最近は、フィールドキャスターに起用された武井壮(48)にベタベタと急接近して、トレーニングやサプリメントの話に花を咲かせているそうです。独立後の仕事確保のためにも、日本フェンシング協会新会長になった武井にすり寄っているのかも」(民放局ディレクター)

 同じあざとい行動でも、「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーを担当する安藤萌々アナ(23)の場合は眼福もの。

「インスタグラムのフォロワー獲得のために、バスト強調写真を頻繁に投稿するようになりました。現状の4.3万人は局の同期アナの間では断トツの数字ですが、フジの渡邊渚アナ(24)や佐久間みなみアナ(23)の後塵を拝している。五輪期間は、現場からスポーティーなエロス写真を大量投稿するなど、若者へのアピールが加速しそうです」(民放局ディレクター)

 一方のTBSでは、話題不足を補おうと、父娘タッグ実現に向けて動き出しているようで‥‥。

「開閉会式の演出から外された野村萬斎氏に、特番のインタビュー取材のオファーを出しているといいます。ただし、肝心の萬斎氏が乗り気ではない。局内では、娘の野村彩也子アナ(23)をインタビュアーに起用する案が浮上し、水面下で交渉中のようです」(構成作家)

 アスリートの熱戦同様、女子アナたちのすり寄り作戦もお見逃しなく。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!