芸能

「結成35周年」リットン調査団がYouTube配信で再確認した“コンビ愛”

 お笑いコンビ・リットン調査団の藤原光博(59)が”ピン“でYouTubeチャンネルを開設したのは今年1月のこと。以来、ピンの「艶猥談」をメインに週3回の更新を続けてきたが、チャンネル登録者数は500人台と苦戦している。そんな窮地に救いの手を差し伸べたのは、相方の水野透(60)だった。

 7月2日にコンビそろって「艶大喜利動画」を配信したところ、大反響を呼び、コメント欄には喜びの声があふれた。7月19日、「よしもと有楽町シアター」での単独ライブを終えた2人に話を聞いた。

─吉本興業のプロフィールでは結成1986年とあります。結成35周年ということで今日のライブはいかがでしたか?

藤原 活動年に関してはそれほど意識したことはなかったなぁ。

水野 もう何年やってるかわからなくなってきましたね。自分が大学卒業して26か27の時ですから。そうそう、ダウンタウンさん(1982年結成)の4年下というのは覚えてましたけど。

藤原 今日のライブもコロナ禍ということもあって、お客さんの入りはまずまずといったところでしたが(笑)、コンビでやるのは意義があったな、と。今回のYouTubeに関しても、もともと相方を呼ぶという発想はなかったんです。「誰かゲスト呼ぼうか」となって、(艶系業界の)男優さんがいいかな、それとも別の下ネタ芸人にしようか、なんて考えていて、「あ、相方がいるやん」と。YouTubeで相方をゲストに迎えるのは自分でも盲点でした(笑)。まあ、「ギャラは出ませんけど」とオファーした次第です。

水野 自分も「お力になれるなら」と引き受けましたけど、ビックリしたのはコイツ、後輩の若手芸人に大喜利のお題を作らせていたというね。普通、自分で作るでしょ! それにボク、もう60ですよ。引き受けたはいいものの、2時間も艶大喜利って。最初の1時間は楽しかったんですけど、もう、後半は頭がおかしくなりそうでしたよ。

─藤原さんといえば、近年は日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)をはじめ人気ドラマに出演するなど、俳優としても活動しています。

藤原 1人の仕事も多かったですけど、やっぱりコンビの仕事はいいですよ。YouTubeと今回のライブで「相方大事やな」って再認識しました。面と向かってなかなか言えないですけど、相方には感謝してますよ。

水野 さっきの後輩にネタを作らせていた話じゃないですけど、YouTubeに関しては“自助努力”もせいよ、と(笑)。自分にできることならいつでも協力しますけどね。

─ライブでは配信不可能な過激ネタ満載のコント、YouTubeでは大喜利でコンビとしての存在感を示しました。

水野 ふと浮かんだのですが、ボクが司会になって相方にいろいろ聞いていくとかね。「これまで思い出に残っている女性は?」とかね。簡単な質問をして、いろいろ聞きだして突っ込んでいくというね。下ネタにこだわらなくても全然いいと思うんです。

藤原 YouTubeで印象深かったのが、「涙が出そうになった」というコメント。ボクでも相方でもない、リットン調査団のファンなんでしょうね。コンビで何かをすることに期待している方もいらっしゃると思うので、その期待に応えていきたいですね。

 コンビでの活動はYouTubeの「リットン調査団 藤原チャンネル」や吉本興業の公式サイトなどで随時チェックしてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合