スポーツ

「お嬢様ボートレーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」/改めて調整の難しさを実感しました

 今週はまずG3「オールレディース 第33回瀬戸の女王決定戦」(7月13日~18日/@ボートレース児島)の回顧ですが、今節はまったくダメでしたね。こんなに最後まで乗り心地がよくならなかったことは久しぶりで、改めて調整の難しさを実感しました。

 ただ、帰り際の児島駅(岡山県)で「アサ芸、読んでますよ。頑張って!」と、ファンの方に声をかけていただき、本当にありがとうございました。師匠の村田修次さん(東京、A1級)に調整方法を教わりながら、もっと舟券に貢献できるよう頑張ります!

 さて今週は、ボートレース尼崎(兵庫県尼崎市)でG2「尼崎モーターボート大賞~インプールをぶち破れ! まくってちょうだい!!~」(7月27日【火】~8月1日【日】)が開催されます。

 私が注目するのは、同期で唯一出場する松尾充さん(三重、A2級)。7月4日のG2「三国モーターボート大賞」(@ボートレース三国)で同期の山田祐也クン(徳島、A1級)がG2初制覇を成し遂げましたので、きっといい刺激になっているはず。松尾さんもすばらしい走りを見せてくれると思いますよ。

 あと、これまで知らなかったのですが、サブタイトルの「まくってちょうだい!!」がおもしろいですね。尼崎では恒例の企画レースで、まくりで勝った選手はガチャガチャを回し、出た賞品がもらえるというもの。今回は選手が出した賞品と同じ物がファンの方にも当たるチャンスが。神戸牛などの豪華賞品が用意されているみたいですよ。

 選手たちも燃えますし、まくりが決まったレースは見ていて気持ちがいいですよね。女子なら小野生奈さん(福岡、A1級)とか超カッコいい~。私は得意ではありませんが、女子戦でもいろいろな企画レースができるといいですね。

 ところで、先週から東京五輪が始まりましたが、オリンピックで真っ先に思い浮かべるのは、00年シドニー五輪の女子マラソン。優勝した高橋尚子さんがサングラスを投げてラストスパートをしたシーンです。

 私は当時10歳でしたが、その後、レーサーになって3年目、テレビ番組(編集部注:16年4月2日『Qちゃんに見せたい!厳しい世界』、テレビ朝日系)で高橋さんにお会いする機会があったのですが、そのオーラに驚かされたことを今でもよく覚えています。

 今年、注目している競技はいくつかありますが、中でも卓球。中国の強豪選手を相手に、世界ランク2位の伊藤美誠さんや、女子ダブルスの世界ランク1位の石川佳純さんと平野美宇さんがどんな戦いをするのか、すごく楽しみです。

【富樫麗加選手「今後の出場予定」】

7/25~7/30 下関(G3)G3オールレディース ジュエルセブンカップ

8/4~8/9 浜名湖(G1)第35回レディース チャンピオン

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」